2019/12/3 利便性を損なわないことからAMPエラーに対応するためAMP設定を解除しました

オーディオ専用ネットワーク構築記

ネットワークオーディオ

オーディオ専用ネットワークの構築

今まで、ネットワークオーディオは家庭内LANの一部として運用されていました。ルータから各部屋へと接続するスイッチングハブを経由して、シアタールームのスイッチングハブに接続。さらにネットワークオーディオ専用のスイッチングハブを用意して、それなりの対策は取っているつもりでしたが…。

ここでは、私がネットワークオーディオを家庭内LANから分離した専用ネットワークを作るまでの過程をまとめておきます。

ノイズフィルターを使うと…

家庭内LANとシアタールームのネットワークの間をノイズフィルターを使って、ノイズを遮断してあげると、ネットワークオーディオから出てくる音に大きな差が有ることが分かりました。

ネットワークオーディオにノイズフィルターは効く!がしかし…

ネットワークオーディオにノイズフィルターは効く!がしかし…
LANノイズフィルターをNTT-AT DMJ-100BTにしても、ACOUSTIC REVIVE RLI1GB-TRIPLE-C導入して、その効果には驚いたが、ノイズフィルタは対症療法に過ぎない。対症療法ではなくノイズの元となるLAN上の機器からの影響をどう減らすためにはどうすればいいか、実験をしてみようと思う。

そこで、シアタールームのネットワークを家庭内LANから分離することを考えました。

シアタールームのネットワークを分離

まずは現状のネットワークの問題点を洗い出していきます。

シアタールームのネットワーク分離(1)~現状の問題点について~

シアタールームのネットワーク分離(1)~現状の問題点について~
シアタールームのオーディオシステムへのノイズの影響を低減するために、シアタールームのネットワークの分離を考える。現状のネットワークシステムの状況と分離に対する考え方、問題点などを考える。

問題点を整理した私は、どうしたら分離できるかを検討しました。

シアタールームのネットワーク分離(2)~分離方法の検討~

シアタールームのネットワーク分離(2)~分離方法の検討~
シアタールームのオーディオシステムへのノイズの影響を低減するために、シアタールームのネットワークの分離を考える。分離する方法について検討の過程を書く。

検討した結果、YAMAHA製の業務用ルータを使って、実際に分離していきました。

シアタールームのネットワーク分離(3)~YAMAHA RTX1100による構築~

シアタールームのネットワーク分離(3)YAMAHA RTX1100による構築
シアタールームのオーディオシステムへのノイズの影響を低減するために、シアタールームのネットワークの分離を考える。YAMAHA RTX1100や無線LANアクセスポイントを導入して、実際にシアタールーム専用ネットワークを構築してみた。

分離した結果、ネットワークオーディオの音はどのように変化したのか…。

シアタールームのネットワーク分離(4)~映像と音の変化~

シアタールームのネットワーク分離(4)~映像と音の変化~
シアタールームのオーディオシステムへのノイズの影響を低減するために、シアタールームのネットワークの分離を考える。YAMAHA RTX1100や無線LANアクセスポイントを導入して、実際にシアタールーム専用ネットワークを構築してみた結果、どのような変化があるのだろうか?

分離の結果、効果があることが分かった私は、さらに踏み込んで分離をしていきます。

シアタールームのネットワーク分離(5)~追加実験、光メディアコンバータの準備~

シアタールームのネットワーク分離(5)~追加実験、光メディアコンバータの準備~
ホームネットワークからシアタールーム用のネットワークをセグメントを分割して、不要な通信から隔離する実験を行い、改善が見られたのを受け、光メディアコンバータによるLANケーブル経由の電気的なノイズを遮断する実験をしてみることにしました。

光メディアコンバータの導入をした結果、その向こう側にはさらなる音の変化が…。

シアタールームのネットワーク分離(6)~光メディアコンバータ設置工事と試聴テスト~

シアタールームのネットワーク分離(6)~光メディアコンバータ設置工事と試聴テスト~
ネットワークオーディオ専用ネットワークの光ファイバーケーブルによる分離をすることにしました。実際にケーブルを敷設して、光メディアコンバータを設置し、その変化をレビューします。

ネットワークオーディオのために家庭内LANからネットワークを分離した結果、その影響はネットワークオーディオだけにはとどまりませんでした。

シアタールームのネットワーク分離(7)ネットワーク分離による予想外の変化

シアタールームのネットワーク分離(7)ネットワーク分離による予想外の変化
ネットワークオーディオ用、シアタールーム用とネットワークを分離し、ネットワークオーディオの音の改善、ゲームなどの映像、音声の改善が見られましたが、予定外にPanasonic DMP-UB900によるUrtraHD Blu-rayの再生にも影響を与えていることが分かりました。

ネットワークに接続されている機器が多いと、そのノイズはLANを経由してオーディオ機器へと流れ込みます。この実験の結果、そのノイズを2種類の方法で分離、隔離してあげることで大きく音が向上する可能性があるということでした。

新しく連載始めました

ネットワークオーディオは安易にパソコン用のネットワーク接続すると音を悪くする要因となります。いくつかのノイズに大別し、それぞれの対策やその理由を実際に構築している環境、方法などを交えてまとめてみました。

ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(1)ノイズの種類
ネットワークオーディオにおける音を悪くする要因 本末転倒なタイトルですが、ある先生の本のタイトルにかけたオマージュです。しかしある意味真実でもあります。 従来オーディオがノイズ源として隔絶してきたパソコンと接続し、PCオーディオの一...
ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(2)空中からのノイズ
空中を飛び交う電波や電磁波については、ノイズの発信源を特定して遠ざけるのがベストですが、残念ながら空中を飛び交うノイズは目に見えないので、どこから来ているのかを特定するのが非常に難しいものであると同時に、現実的に飛んでくるのを防ぐことはできないものでもあります。ノイズを受ける機器自身が自己防衛するしかありません。
ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(3)機器自身が発するノイズ
オーディオ機器は一般的にそのノイズレベルが一般のパソコン周辺機器などに比べてはるかに低くなるよう対策されていますが、パソコンや周辺機器はオーディオ機器比べるとはるかに高いので、オーディオ機器と接続する場合には、ネットワーク機器自身が外へ放出するノイズを減らす工夫が必要になります。
ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(4)LANケーブルについて
前回の記事では、ネットワーク機器自身が発するノイズについて書きましたが、ネットワークオーディオの実現に必要なのはネットワーク機器だけではありません。電波というノイズ源を遠ざけるとすれば、それらを接続するLANケーブルは必須のアイテムとなります。今回はLANケーブルについて書きます。
ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(5)通信のノイズ対策
第1回でノイズの種類について、対策別に分類し、第2回から第4回まで、空中を飛び交う電波や、機器やLANケーブル自身が発するノイズについてその対策方法を書きました。今回はネットワーク経由で伝わる通信ノイズのお話です。少しネットワークに関する専門的な話が入ります。
ネットワークオーディオをネットワークへ接続してはいけない(6)LAN経由の電気的ノイズ
これまで5回にわたって、ネットワークオーディオに悪影響を与えるノイズの分類と、それぞれのノイズに対する対策について書いてきました。ケーブル経由で伝わる電気的ノイズを低減する方法はいくつかありますが、手軽に打てる対策から見ていきましょう。

とりあえず第一部はここまでです。第二部はまた少し構想を練ってから投稿する予定です。

Her-

↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



ネットワークオーディオ ホームネットワーク 光メディアコンバータ 連載まとめ記事
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました