2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

ネットワークオーディオ再生中のパケットエラーを計測してみる

Marantz

NETGEAR GS105Eでパケットを計測

以前、NetGear GS105Eという安価なスイッチングハブを使って、私がこのブログを書いているデスクトップパソコンのパケットを計測した記事を書いたことがありました。

ネットワークオーディオ ギガビット スイッチングハブ NETGEAR GS105E パケットエラー 音質

普段使っているPCのパケットをエラーを計測してみた~NETGEAR GS105E~
数カ月前に購入したスイッチングハブ(L2スイッチ)NETGEAR GS105EをメインPCに接続してパケットにエラーが発生していないか実験してみた。

安価で多機能なGS105E

このGS105Eと言うスイッチングハブは、低価格な割り高機能で、VLANの設定やミラーリングポートの設定や、アプリケーションを使って各ポートのパケットエラーの有無を確認する機能などが搭載されています。

この機能を使って、3日間ほど24時間つけっぱなしでブログ書いたり音楽聞いたりしていた際のエラーパケットの有無を調べてみましたが、10GB程度の通信でエラーパケットはありませんでした。

ネットワークオーディオ ギガビット スイッチングハブ NETGEAR GS105E パケットエラー 音質

このときの計測はオーディオ的には決していい環境とはいえないような、近くに電源タップがあったりACアダプターがあったりする環境でした。

ネットワークオーディオ ギガビット スイッチングハブ NETGEAR GS105E パケットエラー 音質

それでも、まともな機器とケーブルならまずエラーなんて発生しないことがわかると思います。

今度は実際に音楽を再生しながら、エラーが発生していないか確認してみます。



Marantz NAS ネットワークオーディオ ネットワーク機器 パソコン関連 ホームネットワーク
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました