サーバーの設定を変更して速度向上を図る~X-Server ブラウザキャッシュ機能~

ブログの速度改善

2018年3月に、本ブログのレスポンス向上を目的として、レンタルサーバの乗り換えから、サーバーの設定やWordPressの設定などの見直し、特にモバイル向けの表示速度を重要視して改善を図りましたが、それぞれ一定の効果は上がったと思います。

サーバの応答速度の改善 2018年3月3日未明にレンタルサーバーをさくらレンタルサーバからエックスサーバーへ移行しました。 また詳細は後日まとめますが、年初の抱負でも書きましたとおり「ブログの表示速度の改善」のためで、従来はサーバー...

その流れで、安全性も向上させるためにSSLに対応してきました。

安全対策 読者の方々により安全に本ブログを閲覧していただくために、本ブログ全体をSSL(暗号化通信)に対応することにしました。 ブログのURLが以下のように変更になっています。 変更前: ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓...

こうした取り組みは検索エンジンにおける検索結果の順位上昇にすくなら駆らず関わっているように感じられます。



レンタルサーバーからのお知らせ

同じようなブログを作ろうとしている方の参考情報として、極力運営方法に関する情報も記事として残すようにしています。最近表示速度のチェックなどはあまりチェックなどはしていませんでしたが、利用しているレンタルサーバのエックスサーバーから以下のようなお知らせが届きました。

「Expiresヘッダで表示速度を向上!「ブラウザキャッシュ設定」機能提供開始のお知らせ」

内容を抜粋すると以下のような内容です。

  • 各ファイルへアクセスしたときのレスポンスヘッダに、Expiresヘッダを付加。
  • 同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザのキャッシュファイルが利用され、表示速度の向上や転送量の軽減が期待できる。
  • Expiresヘッダの付加は Google が推奨する高速化対応の1つ。
  • 有効にすることで Google PageSpeed Insights のスコア上昇も見込める。

すでにWordPressの設定には、ブラウザキャッシュ機能を使う設定.htaccessへの記述の追記という形でしてあります。

モバイル表示の最適化 あまりAV機器とは直接関係ないネタですが、本ブログを快適に閲覧いただくために、最近改善を進めています。先日、本ブログを運営するためにお借りしているレンタルサーバを、さくらレンタルサーバからエックスサーバーへ移行しまし...

内容が重複して効果がない恐れもありますが、サーバー側の設定についても試してみることにします。

SeverPanelからの設定変更

まずは利用しているレンタルサーバであるエックスサーバーのServerPanelにログインします。「高速化」の項目の中に「ブラウザキャッシュの設定」がありますので選択します。

ホームシアター オーディオ ブログ 運営コスト レンタルサーバー エックスサーバー ドメイン 更新料 初期費用 Whois代行業務 WordPress テーマ Simplicity2 表示速度の改善 WP Hyper Response Autoptimize CSS・HTML・JavaScriptの圧縮 レスポンス改善 001 Prime Strategy Translate Accelerator ブラウザキャッシュの利用 .htaccessへの記述の追記 画像の最適化 EWWW Image Optimizer AMP対応 Accelerated Mobile Pages Pagespeed Insights SSL化 安全性 URL変更 Search Regex



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止