光メディアコンバータ一覧

LUMIN X1登場~光LANネットワークに対応したネットワークオーディオプレーヤー

いよいよ発売 以前、HIGH END 2018の注目製品として、ネットワークオーディオに光ファイバーケーブルを直接接続できるプレーヤーとスイッチングハブが登場する件をご紹介しました。今回は、その中のプレーヤーLUMIN X1の話です。 ...

フレッツテレビが新4K/8K衛星放送に対応するってよ!~専用ユニット追加で右旋は12月、左旋は来夏提供開始~

フレッツテレビが新4K/8K衛星放送に対応予定 どうやらNTT東西はスカパーが提供する新4K8K衛星放送に対応するようですね。 スカパーJSAT株式会社、東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会は、BSデジタル放送/110度CS...

小型デジタルアンプが欲しい(6)DENON DRA-100を試聴レビュー③ネットワーク改善

ネットワーク環境を改善する ショップからお借りしているDDFA搭載フルデジタルアンプ DENON DRA-100ですが、電源ケーブルを交換した結果、荒々しかった音も少しおとなしく柔らかくなり、変化の兆候が感じとれました。 ...

光メディアコンバータの貸し出し依頼~CentreCOM LMC102~

光メディアコンバータの貸し出し 以前、ネットワークオーディオ用に使用しているAcoustic Revive バッテリリファレンス電源 RBR-1の供給電力の不安を解消するために、光メディアコンバータをより消費電力の低いアライドテレシス C...

2017年を振り返って(5)~2017年第4四半期の出来事と散財の記録~

下半期に入ってスタートしたラックレイアウトの変更と、それによってできたラック棚の秋スペースを埋めろといわんばかりに、DELAのモニター募集で機器を導入することが出来たのが第3四半期のハイライトでした。ネットワークオーディオの改善が引き続き、最後は電源環境の大改革となります。1年間の総括と合わせて振り返りましょう。

2017年を振り返って(4)~2017年第3四半期の出来事と散財の記録~

上半期にいろいろなアクセサリを比較試聴をした結果、従来のラック配置では不便を感じるようになってきました。問題点は以下の通りです。試聴のためのアクセサリ交換がやりにくい、試聴アイテムを置くスペース不足、電源ケーブルから可能な限り「より線」を取り除きたい、そこでラックレイアウトの変更シミュレーションから下半期は始まります。

2017年を振り返って(3)~2017年第2四半期の出来事と散財の記録~

さて、上半期第2部、第2四半期分になります。第1四半期では、以下のとおりとなっています。さて、第2四半期ではどのような流れになるでしょうか。4月から見ていきましょう。4月は主にネットワークオーディオ用のモバイルバッテリをテストしていたような気がしますが、行き詰まりました。

2017年を振り返って(2)~2017年第1四半期の出来事と散財の記録~

今年の大きな流れは以下のような感じです。テレビの故障の対応、ネットワークオーディオの整理や更新、死蔵品の処分と海外盤4K UrtraHD Blu-rayソフト、電源環境の刷新、全体的にケーブルなどのアクセサリが数多く入れ替わった年となり、過去10年分位の試聴をした気がします。導入したもののを振り返ってみたいと思います。

光メディアコンバータの光ファイバーケーブルを交換~2011年以来の電源改革~

ネットワークオーディオ環境をパソコンからのノイズと隔離するために使っている光メディアコンバータを使っていますが、その接続に使う光ファイバーケーブルが根元から折れてしまっているので、以前から交換が必要だと何度か記事にも書いています。壁コンセントの交換と合わせて、壁内に配線されているケーブルを交換することにしました。