オーディオルームの電源環境見直し(2)電源タップの変更~Chikuma Complete-4 II→Acoustic Revive RTP-4 absolute~

電源環境の改善が弱点を炙り出す

オーディオルームのアクセサリは、極力手元にあるものを流用し、特に電源環境を後回しにしてきましたが、シアタールームの整理をしたことで、シアタールームでこれまで使ってきた単線電源ケーブルを数本オーディオルームで使える算段が立ちました。

ホームシアター ネットワークオーディオ バランスケーブル XLR Acoustic Revive POWER REFERENCE-tripleC-FM XLR-absolute-FM RTP-4 absolute Chikuma Complete-4 IIDENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 Sonus faber Chameleon T 購入 レビュー

そこでこれまで電源タップChikuma Complete-4 IIに供給する電源ケーブルとして使ってきたFURUTECH G-320Ag-18(1.8m)からAcoustic Revive POWER REFERENCE TripleCに交換してみました。

ホームシアター ネットワークオーディオ バランスケーブル XLR Acoustic Revive POWER REFERENCE-tripleC-FM XLR-absolute-FM RTP-4 absolute Chikuma Complete-4 IIDENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 Sonus faber Chameleon T 購入 レビュー

そろそろ上流(電源)へ 2018年末にオーディオルームを作る際、アクセサリ類は極力手元にあるものを流用し、不足しているものだけを購入する形でスタートしました。 特に電源設備に関しては、非常にコンサバティブな構成でスタートして...

各機器へ電力を供給する電源タップのケーブルを交換しただけでも、機器に与える影響は大きく、機器のポテンシャルをさらに引きだすには、電源環境の整備をさらに進める必要があると感じます。



RTP-4 absolute

4月に入ってから、腕を捻挫したり、風邪を何度も引いたり少し弱っていた私ですが、以前から聞きたい、会いたいと言っていただいた方々にお声がけをして、GWに1日だけオフ会をすることにしていたので、主要な機器の電源環境だけは何とかしておこうと思ったので、今回は電源タップの交換を行うことにしました。

これまでオーディオルームで使ってきた電源タップはChikuma Complete-4 II(下の写真の右側)と言う電源タップで、以前はシアタールームのメイン電源タップとして使っていたものです。アルミ合金製のシャシーにホスピタルグレードのコンセントが使われたもので、当時約20万円(税込)くらいしたものです。

ホームシアター ネットワークオーディオ バランスケーブル XLR Acoustic Revive POWER REFERENCE-tripleC-FM XLR-absolute-FM RTP-4 absolute Chikuma Complete-4 IIDENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 Sonus faber Chameleon T 購入 レビュー

一方、交換するのはAcoustic Revive RTP-4 absolute(上の写真の左側)という電源タップです。本体はアルミ合金の削りだしに、プラグとコンセントにはFURUTECH製のオーディオグレードで、コンセントやプラグの帯電を防止する素材としてNCF(ナノクリスタルフォーミュラ)が使われています。定価(税込)で26万円弱くらいでしょうか。

ジレンマの解決に向けて これまでChikuma Complete-4 IIに以下の4台を収容して使ってきました。 AVプリアンプ:Marantz AV8802A ユニバーサルプレーヤー:DVD-A1XVA ネ...



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link