2021/2/28の記事の予約投稿がシステムエラーで失敗してしまい公開が遅れてしまいました。

LUMIN

DELA/BUFFALO

光ファイバーケーブルによる比較3mと5m、10m以上がいい?~反射と減衰~

ケーブルは短い方がいい? 2020年2月頃のことでしたが、当時ネットワークオーディオプレーヤー LUMIN X1と光メディアコンバータが10Gtek WG-33-1GX1GT-SFPの間に使っている10Gtek シングルモード(9/125...
DELA/BUFFALO

SFPモジュールの交換と比較(8)プラスチックカバーのSFPモジュールの試聴~FOUNDRY TRP-G1L1BCFY~

プラスチックモジュールは音は予想以上に違う 2020年末にオーディオ向けとなるSFP端子付きのスイッチングハブとして、メルコシンクレッツ DELA S100を導入しました。SFPモジュールにあれこれ交換したところで、音がかなり変わることを...
LUMIN

パワーアンプを求めて(4)逢瀬 WATERFALL Integrated 250の設置とパワーアンプ化、LUMIN X1をプリアンプモードへ設定変更

モードの切り替えは安全性重視 LUMINのネットワークオーディオプレーヤーのファームウェアv.13以降で利用できるようになった丸め誤差を排除する革新的な新しいデジタル音量調整アルゴリズム「Leedh Processing Volume C...
DELA/BUFFALO

SFPモジュールの交換と比較(7)プラスチックカバーのSFPモジュールの入手~FOUNDRY TRP-G1L1BCFY~

材質の影響 2020年末にSFP端子付きのスイッチングハブとして、満を持してメルコシンクレッツ DELA S100を導入して、たまたま見つけたSFPモジュールに交換したところで、音がかなり変わることを認識したため、いくつかSFPモジュール...
LUMIN

パワーアンプを求めて(3)逢瀬 WATERFALL Integrated 250の貸し出し機到着

Dクラスならではのコンパクトな造り LUMINのネットワークオーディオプレーヤーのファームウェアv.13以降で利用できるようになった丸め誤差を排除する革新的な新しいデジタル音量調整アルゴリズム「Leedh Processing Volum...
DELA/BUFFALO

SFPモジュールの交換と比較(6)SFPモジュールが音に与える影響についての仮説

叩くと音の良いモジュールがわかるかも? 2020年末にSFP端子付きのスイッチングハブとして、満を持してメルコシンクレッツ DELA S100を導入して、たまたま見つけたSFPモジュールに交換したところで、音がかなり変わることを認識したた...
LUMIN

パワーアンプを求めて(2)逢瀬 WATERFALL Integrated 250の貸し出しの申し込み

パワーアンプ直結 LUMINのネットワークオーディオプレーヤーのファームウェアv.13以降で利用できるようになった丸め誤差を排除する革新的な新しいデジタル音量調整アルゴリズム「Leedh Processing Volume Control...
Acoustic Revive

パワーアンプを求めて(1)LeedhProcessingによるロスレスボリュームコントロールの活用~LUMIN Remote~

パワーアンプダイレクト 2019年1月末に購入したネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1はプレーヤーとしてはもちろん、各種デジタル出力を搭載しているので、DACを別途用意すればトランスポートとしても利用可能です。 ...
DELA/BUFFALO

SFPモジュールの交換と比較(4)海外で音が良いと評判Finisar FTLF1318P2BTLを調達

海外のオーディオマニア推薦 2018年末のことですが、まだ私が自宅に直接光ファイバー接続が可能なネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1を迎え入れる前に、LUMIN X1とSFP端子付きスイッチングハブ SOtM sNH-10Gを...
Acoustic Revive

今年導入してよかったもの2020年Best10+α(後編)

後編~新旧知見の融合~ 毎年恒例の「今年導入してよかったものBest10」ですが、2020年も二部構成で振り返ります。前編となった10位から6位は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴いテレワークが増えた影響もあり、以下の通りとなりました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました