Audio Pro AVANTO S-20をオーディオルームで鳴らしてみる

鳴らぬなら鳴らしてみたい

PanasonicのミニコンポSC-PMX9が故障したことによって、ダイニングで使い始めた一体型プリメインアンプMarantz M-CR611のスピーカ探しは3機種目となり、Audio Pro AVANTO S-20を購入してみました。

オーディオ ブックシェルフ型スピーカーAudio Pro AVANTO S-20 Butler Audio VCSP-8BK Butler Vacuum 6W MK2 ALR JORDAN Entry Si Marantz M-CR611 Panasonic SC-PMX9 TANNOY FUSION 1 MERCURY F1 DENON PMA-SX1 LUMIN X1 メルコシンクレッツ DELA

S-20はサイズの割に締まった低音が出てきて、バイオリンの音色にも色気が感じられるので、音の傾向は悪くありませんが、何となく音が広がらずタイトな印象がぬぐえません。何とかもう少し響きをよくしたいとは思いますが、これがスピーカーの特性なのかもしれません。



ポテンシャルを知りたい

最初のTANNOY FUSION 1(MERCURY F1)でも、ダイニングとオーディオルームでは全くなりっぷりが違ったので、今回もS-20をオーディオルームのALR JORDAN Entry Siと入れ替えてオーディオルームで鳴らしてみたいと思います。

オーディオ ブックシェルフ型スピーカーAudio Pro AVANTO S-20 Butler Audio VCSP-8BK Butler Vacuum 6W MK2 ALR JORDAN Entry Si Marantz M-CR611 Panasonic SC-PMX9 TANNOY FUSION 1 MERCURY F1 DENON PMA-SX1 LUMIN X1 メルコシンクレッツ DELA

Entry Siはブックシェルフ型としてはかなり小さいスピーカーですが、S-20はそれに比べるとわずかに大きいだけで、ブックシェルフ型として小さめであることが分かります。

オーディオ ブックシェルフ型スピーカーAudio Pro AVANTO S-20 Butler Audio VCSP-8BK Butler Vacuum 6W MK2 ALR JORDAN Entry Si Marantz M-CR611 Panasonic SC-PMX9 TANNOY FUSION 1 MERCURY F1 DENON PMA-SX1 LUMIN X1 メルコシンクレッツ DELA

Entry Siにとってはわずかに幅が大きめのスタンドBowers & Wilkins FS-CDMS-20ならほぼピッタリというサイズ感ですね。

オーディオ ブックシェルフ型スピーカーAudio Pro AVANTO S-20 Butler Audio VCSP-8BK Butler Vacuum 6W MK2 ALR JORDAN Entry Si Marantz M-CR611 Panasonic SC-PMX9 TANNOY FUSION 1 MERCURY F1 DENON PMA-SX1 LUMIN X1 メルコシンクレッツ DELA

ブラックレザーで覆われ、側面のウッドパネルもアクセントになっていて見た目は結構好きです。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. fit より:

    初めまして。自分もEntry Siを使用中です。地元のオーディオショップでたまたま下取り品で入荷してたのを運よくゲットしました。スピーカー選びもむずかしいですね。マランツのレーシバーだとダリやB&Wとかをメーカーとしては推薦してましたね。(販売の絡みがあるのでしょう?)
    当方はパナソニックのフルデジタルAVアンプにEntry Siを接続してます。

    • Hermitage Hermitage より:

      fitさん、コメントありがとうございます。
      ショップやイベントなどで聞いたことのある機種なら想像もつきやすいですが、聞いてみないと相性の良し悪しはわからないですね。
      マランツさんはB&W推奨なのは当然でしょうし、D&Mの兄弟ブランドDENONがDALIの代理店ですから推奨するのも当然かもしれません。
      無駄遣いが続きますが楽しみながらいろいろ試せているのでまぁよしとしています。