9/14予約公開機能の不備により公開が遅れました。

AV8802AからAV8805Aへの移行(2)配線レイアウトの変更

8K/4K/HDR&DolbyAtmos

HDMI入力端子のアサインを最適化

懇意にしているショップから8K対応AVプリアンプ Marantz AV8805Aを自宅試聴させていただいた末購入しましたが、自宅試聴時には手間がかかりすぎるのでできなかった端子キャップの移し替え作業を終わりました。

ホームシアター AVプリアンプ Marantz AV8805A AV8802A 後継機 DAC 旭化成エレクトロニクス ESS SONY BRAVIA KJ-75Z9D 光ファイバーHDMIケーブル 相性 自宅試聴 Acoustic Revive リアリティエンハンサー RES-XLR

XLR入力端子のAcoustic Revive リアリティエンハンサー RES-XLR、XLR出力端子のAudioQuest XLR/OUT/CAPSなどは簡単に移設できましたが、RCA端子のAudioQuset RCA-CAPSだけはサイズがきつくて取り外すのに苦戦し、69個もの付け替えに小1時間かかってしまいました。

AV8802AからAV8805Aへの移行(1)外れない端子保護キャップの移行
一度装着したら外すのは困難 8K対応テレビは私が求めている75型クラスはまだほとんど選択肢がなく購入には至っていませんが、シアターシステムの8K化に向けてまずはAVプリアンプの交換を検討し、Marantz AV8805Aを自宅試聴した末に...

2016年のDENON AVP-A1HDからMarantz AV8802Aの入れ替え時にも同様の作業をしており、新しい機器に買い替えたときの儀式のようになっていますが、これでラックへの設置の準備が整いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました