2022/1/20不定期更新に変更します

光メディアコンバータはボトルネックになっていないか?DELA S100の購入

DELA/BUFFALO

電源

とはいえDELA S10を買うのは予算オーバーです。60万という金額をスイッチングハブに支払うくらいなら、アンプを買い替えるでしょう。幸いS100は外部電源としてACアダプタを採用しているモデルなので、供給電力の仕様が合えば手持ちのアナログ電源が使えます。

ホームシアター ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ DELA S10 S100 10Gtek WG-33-1GX1GT-SFP TP-LINK MC220L トランス式 AC/DCアダプタ YAMAHA PA-3 PA5B アイコー電子 VSM-982 パトス DK090-R Acoustic Revive RBR-1 LUMIN X1購入 レビュー トランス式 AC/DCアダプタ アナログ電源 ELSOUND Audio Design

ACアダプタの仕様は48W(DC12V/4A)と書かれていて、9ポートのスイッチングハブが48Wも消費していたら驚きますが、画像で確認する限りS100の本体に必要な電力は「DC12/1A」のようです。

思い切って買うか

普段なら138,000円に消費税が上乗せされて15万円以上する商品で、中古市場やオークションでも10万円を下るところを見たことがありません。特に最近発売されたブラックモデルは中古市場ではまだ出回っていないようです。

ところがBLACK FRIDAYのセールで、この商品がかなり割安に買える状況になっていて、これなら買ってもいいかなという価格だったので、思い切って買ってみることにしました。

SFPモジュールの相性が心配

電源は何とかなりそうですし、問題があるとすればSFPモジュールの相性でしょうかね。手元に比較試聴用に集めた幅広いメーカーのSFPモジュールを揃えているので、いずれかの組み合わせで動いてくれると信じています。

光メディアコンバータセットである「OP-S100」には非常に懐疑的です。マルチモード動作ですし、一昔前なら安い方だったと思いますが、海外製の格安光メディアコンバータが手に入るようになった昨今では、価格設定が高すぎると思います。

オーディオ的な配慮もされていない製品なら海外製で十分です。TP-LINKなら世界的にも大きなシェアを持っていますし、はるかに手頃な価格の光メディアコンバータが手に入ります。MC220Lならシングルモードでもマルチモードでも動作しますし、純正のSFPモジュールを使えば、相性の心配もありません。

光メディアコンバータとケーブルの選び方・改
初心者向けにザックリ解説 ネットワークオーディオに光メディアコンバータを使って、ノイズの低減を図ることを考えている人がもしいたら…という観点で導入の手がかりになる情報として、技術的な難しい話は最低限にして、光メディアコンバータとそれに使う...

例え品質不良があって壊れても、同じ価格で10台くらい購入できますので、壊れても後悔はないと思いますので、海外製から試すことをおススメします。

光メディアコンバータをアップグレード(1)メルコシンクレッツ DELA S100の到着
ずっしりとした重量感 2018年末にオーディオルームを作ってから、ネットワークオーディオの配線は、上流のYAMAHA RTX1200と接続されている壁内配線が収容された壁コンセントからDELAのLANポートへ接続し、DELAのPLAYER...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

コメント

  1. 通りすがり より:

    sonore opticalModule Deluxe
    こちらはそこそこ面白そうです。

    • HermitageHermitage より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます。
      今回の私の希望にスイッチングハブのポートを追加することがあるので、その要件は満たしていませんが単体のメディアコンバータとしてはこの選択肢も考えられますね。
      私も使ってみたことはありませんが、業務用途比べても価格が高いわけでもないのでいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました