2020/12/12の記事の予約投稿がシステムエラーで失敗してしまい公開が遅れてしまいました。(2020/12/12 AM11:55)

パワーアンプを求めて(1)LeedhProcessingによるロスレスボリュームコントロールの活用~LUMIN Remote~

Acoustic Revive

パワーアンプダイレクト

2019年1月末に購入したネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1はプレーヤーとしてはもちろん、各種デジタル出力を搭載しているので、DACを別途用意すればトランスポートとしても利用可能です。

ネットワークオーディオ LUMIN X1 DENON PMA-SX1 逢瀬 WATERFALL Integrated 250 Power 500試聴 レビュー LUMIN Remote Leedh Processing Volume Control パワーアンプ DAC

入力端子はありませんが、プリアンプ機能も持っているので、パワーアンプを直接接続してX1でボリュームコントロールすることも可能です。これでデジタル入力機能があったら、プリアンプいらずでパワーアンプ直結で運用できるんですが、SACD/CDプレーヤー Marantz SA-14S1と併用するためには、DENON PMA-SX1のようなプリメインアンプが選択肢になってしまいます。

ネットワークオーディオ LUMIN X1 DENON PMA-SX1 逢瀬 WATERFALL Integrated 250 Power 500試聴 レビュー LUMIN Remote Leedh Processing Volume Control パワーアンプ DAC

ロスレスボリュームコントロール

2020年7月にVer.13以降のファームウェアへアップデートすることで使えるようになった、ロスレスボリュームコントロールの「Leedh Processing Volume Control」という画期的なボリューム調整機能があります。

ネットワークオーディオ LUMIN X1 DENON PMA-SX1 逢瀬 WATERFALL Integrated 250 Power 500試聴 レビュー LUMIN Remote Leedh Processing Volume Control パワーアンプ DAC

コメント

タイトルとURLをコピーしました