5/12予約投稿の失敗がありましたので公開しなおしました

WestminsterLab Reiのレンタル(2)カーボンによる振動対策とヒートシンクの共振防止

WestminsterLab

本体

フロントパネルは非常にシンプルで「WestminsterLab」のロゴだけ、底面にスイッチがあるようですが電源のON/OFFを示すランプも見当たりません。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

リアパネルは左側にスピーカーターミナル、右側にXLR入力と出力が1つずつ、中央下部に電源コネクタがあり、アースピンありの3Pとなっていますね。右下にはシリアルナンバーなどが記載されたプレートがあり、「零」と日本語で印字されています。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

XLR出力があるのは、Reiを2台使ってブリッジ接続するためですね。左下に何も端子のないカーボンパネルがありますが、拡張用のスロットでも隠れているんですかね?

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

上から見ると、カーボンパネルで覆われており、フロントから見て左側にはヒートシンクとなるフィンがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました