5/12予約投稿の失敗がありましたので公開しなおしました

WestminsterLab Reiのレンタル(2)カーボンによる振動対策とヒートシンクの共振防止

WestminsterLab

よく見るとフィンの形状は均一ではないことがわかります。均一だと音叉のように共振しますが、その共振を防止するためのようです。

カーボンパネルの一部にはスリットが設けられていて、うっすら中にコンデンサらしきものが見えますが、ここは電源部だと思いますのでこれも放熱のためだと推測されます。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

左右対称ではなく、同じものを2台使用

モノラルパワーアンプなので、左右のスピーカーにそれぞれにReiを接続して、2台使うことになります。左右で使うことを想定するなら、ペアにすることを前提に左右対称にして売り出すことも考えられますが、同じデザインのモノラルパワーアンプを2台並べます。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

スピーカーターミナルの横にはスペースがありますが、ケーブルの配線を考えると左側はスピーカーケーブルがY型プラグだと、XLRケーブルや電源ケーブルに干渉して接続しにくいでしょうね。重量は16kg/台ですが、持ち上げた感覚的には密度が高くてもっと重く感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました