2020/2/6記事の公開設定をミスして公開が定時にできていませんでした、残念

自作電源ケーブルの交換(5)DENON POA-A1HD電源ケーブルの交換

Acoustic Revive

電源ケーブルの刷新も佳境に

試聴させていただいたACOUSTIC REVIVE POWER REFERENCE-TripleC(初期型)をキッカケに、これまで使ってきた電源ケーブルの線材をOYAIDE EE/F-S 2.0からACOUSTIC REVIVE EE/F-2.6-TripleCに変更して、今のところ良い結果につながっていると思います。

自作電源ケーブルの交換(1)電源ケーブルを取り外し仮ケーブルに…
ACOUSTIC REVIVE POWER REFERENCE-TripleC(初期型)を使ってみた結果、電源ケーブルでもPC-TripleCのダイナミックレンジが広さ、音の立ち上がりや引きの良さ、滑らかさなどを感じることができて、基幹部分にも導入してみたいという気持ちになり、ケーブル部分のみを交換することにしました。

今回製作したケーブルは4本あり、その内3本を各機器を接続している3つのタップへと割り当ててテストしてきました。

自作電源ケーブルの交換(3)EE/F-2.6TripleCの設置作業と試聴
POWER REFERENCE-TripleC(初期型)を試聴してみて、感触がよかったので自宅で使っている自作電源ケーブルのケーブル部分をOYAIDE EE/F-S 2.0からACOUSTIC REVIVE EE/F-2.6-TripleCに変更する製作をお願いしたケーブルが先日届いたので早速レビューしてみます。
自作電源ケーブルの交換(4)Power Reference+OYAIDE P/C-004の導入
ACOUSTIC REVIVE POWER REFERENCE-TripleC(初期型)を試聴してみて、よかったので自宅の自作電源ケーブルのケーブル部分をEE/F-2.6-TripleCに変更しましたが、もう1本「真打」が残っています。今回特別に作っていただいたPOWER REFERENCE-TripleC-です。

切り売りのEE/F-2.6-TripleCも十分な性能を持つケーブルだと感じていますが、POWER REFERENCE-TripleCは別格で、このケーブルが自作ケーブルの線材として入手できたのはとてもラッキーだったと思います。

そしてこのPOWER REFERENCE-TripleCをメインタップに使ったことで、1本P-004-EE/F-2.6-TripleC-C-004の組み合わせのケーブルが残っています。

4本目のケーブルの行き先

この4本目はもともとプロジェクタ用に使っていた30cmのケーブルを、今回線材を交換して延長したものですが、以前記事にした通りプロジェクタはもう我が家には一台も存在しません。

そこで新しい接続先を制作時から考えていましたが、主要な機器の中でPC-TripleCの恩恵を受けていない機器が1台あります。DENON POA-A1HDです。

ホームシアター ネットワークオーディオ OYAIDE PEE-F/S2.0 ACOUSTIC REVIVE アコリバ Power Reference 電源ケーブル EE/F-2.6 TripleC PC-TripleC レビュー 比較 試聴 DENON POA-A1HD

POA-A1HDは、以下のように壁コンセントから直接接続されています。

OYAIDE R1 Belilium+WPC-Z⇒ POA-A1HD

ホームシアター ネットワークオーディオ OYAIDE PEE-F/S2.0 ACOUSTIC REVIVE アコリバ Power Reference 電源ケーブル EE/F-2.6 TripleC PC-TripleC レビュー 比較 試聴 DENON POA-A1HD



Acoustic Revive AudioQuest アンプ オーディオ&シアター 電源/アース/バッテリ関連
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました