2019/11/3ブログをリニューアルしました!

4K/HDR&DolbyAtmosシアター構築記

Panasonic DMP-UB900 4K HDR UrtraHD Blu-ray ホームシアター オーディオルーム4K/HDR&DolbyAtmos

4K/HDR&DolbyAtmos構築記

2016/9月現在の私のシアタールームを構築した際の記事が、複数の記事にまたがってしまっていますので、ここでまとめておきます。

75型テレビSONY BRAVIA KJ-75X9400Cの導入

シアタールームの天井に長年鎮座してきたフルHDプロジェクタMarantz VP-15S1の老朽化に伴い、大型テレビSONY BRAVIA KJ-75X9400Cを導入することにしました。

4K&Dolby Atmosシアター構築(1)~4Kテレビの選定「KJ-75X9400C」~
ここからは現在のシステムの話になるので時系列(2015年12月~2016年3月)に沿って、導入時のプロセスを何回かに分割してお話します。大切に酷使してきたプロジェクタ(Marantz VP-15S1)のランプは何度も買い換え、ファンから異音が聞こえ始めていて、ちょうど4Kへの過渡期だったので買い替えの検討を始めました。

しかし、3階のシアタールームへの導入には大きな障壁がありました。畳1畳ほどの大きさがあるテレビを階段から運搬することが困難で、何度も運搬業者さんに断られてしまったのです。

4K&Dolby Atmosシアター構築(2)~4Kテレビの搬入と導入「KJ-75X9400C」~
SONY BRAVIA KJ-75X9400C購入を決めたあと設置についても悩むことになりました。このサイズに合う壁寄せスタンドは電子黒板用しかなく、3階にある屋根裏部屋を改装したシアタールームへの搬入には屋根の傾斜が立ちはだかり、運搬は業者に断られ、何度も交渉を重ねてようやく設置することが出来ました。

Dolby Atmos用天井埋め込みスピーカーの設置工事(DIY)

リスクを負って、3階へとテレビを導入したあと、かねてから不安のあったAVプリアンプが故障してしまったことをキッカケに、Dolby Atmosに対応した新シアタールームへ刷新することにしました。

しかしそのためには天井へとスピーカーを設置しなくてはいけません。ちょうどAVプリアンプも重量級マルチチャンネルパワーアンプも、修理に出してしまってなかったことので、DIYで天井埋め込みスピーカーSpeakerCraft Profile AIM5 Threeを設置することにしました。

4K&Dolby Atmosシアター構築(3)~AVアンプの不調とDolby Atmosへの妄想~
テレビを導入する4ヶ月前からAVアンプの不調を感じていました。結局修理に出すことになり、機材がない間、テレビのスピーカーで我慢していましたが、こういう時には余計な事を考えてしまうもので、他の方のDolby Atmos対応AVアンプの導入されている様子を見て、「私の部屋でも実現できるだろうか?」と考え始めてしまいました。

実際の工事の様子です。

4K&Dolby Atmosシアター構築(4)~天井埋め込みスピーカー設置工事~
妄想している間に自分でも設置出来そうな気がして購入したDolby Atmos用スピーカーSpeakerCraft Profile AIM5 Threeですが、通常なら専門業者などに依頼しますが、工事を自分ですることにしました。失敗した時のリスク(復旧工事やリカバリーなど)が高いので、慎重にやらなくてはいけません。

天井埋め込みスピーカーの設置工事は、業者にお任せして綺麗に仕上げてもらうのが近道ですが、自分で作っても何とかなるものですね。

Dolby Atmos対応AVアンプ「Marantz AV8802A」の導入

天井埋め込みスピーカーが設置できても、AVプリアンプが古いままではただの飾りです。そこでMarantz AV8802Aを導入して、Dolby Atmosへと対応することにしました。

4K&Dolby Atmosシアター構築(5)~Marantz AV8802Aの導入~
修理に出していたAVアンプDENON AVP-A1HDが故障したことはハッキリしていました。この時点ではDENON POA-A1HDにも疑念があり、なかなか検討が進みませんでしたが、POA-A1HDに異常がないことがわかり、AVプリアンプの候補の選定に。選択肢はYAMAHA、ONKYO、Marantzの3つでした。

しかし数年前から使っているDENON DVD-A1UDだけ音声が出ないという現象に悩まされました。どうやらHDMIの拡張フォーマットの設定が犯人だったようです。

4K&Dolby Atmosシアター構築(6)~AV8802A導入後 HDMI拡張フォーマット(18Gbps)の罠~
AV8802Aが到着する1週間前にAVP-A1HD/POA-A1HD、DVD-A1UDが修理から戻ってきた際には、AVP-A1HDのまま同じ接続方法で確認をしていて、問題なく映像も音声も出力されたにも関わらず、AVプリアンプを変更しただけで音声が出なくなりました。理由がわからないので、また切り分け作業をすることになりました。

そして4K/HDR対応プレーヤの導入へと…

こうして、4K&DolbyAtmos対応シアターは完成しましたが、その後しばらく導入するつもりのなかった、4K Urtra HD Blu-rayプレーヤPanasonic DMP-UB900の発売が国内でアナウンスされ、その導入へとつながっていきます。

Panasonic DMP-UB900レビュー記事の全て(まとめ)
Panasonic DMP-UB900を導入してから、レビュー記事が複数にまたがってしまったので、ここで一括して読むことができるように、記事をまとめておきます。

テレビの故障…、BRAVIA Z9Dへの交換

2017年1月に購入以来不調だったSONY BRAVIA KJ-75X9400Cを修理してもらうことになりました。

SONY BRAVIA KJ-75X9400Cの再起動頻発問題で修理
BRAVIA KJ-75X9400Cは導入当初から動作の不安定なところがあり、従来の一般的なテレビと比較すると、壊れてるんじゃないかと思うくらい不安定。メーカー保障は1年で、一応購入店の延長保障5年に加入してあります。とりあえずサポートへメールを送って対処方法を聞くと、点検修理が必要で修理することになりました。

基板などを交換しても、なかなか安定動作してくれないので、結局交換することになりましたが、すでにKJ-75X9400Cは販売終息していたことで、後継機のSONY BRAVIA KJ-75Z9Dへ交換することは決まったものの、その交換に3ヶ月以上待たされるという…。

作り話のような本当にひどい話~BRAVIA KJ-75Z9D~
SONYは故障で困っているユーザーよりも、新規販売を優先する会社です。故障して不具合抱えているので修理を依頼、修理しても直らなかったから後継機に交換の手配になったのに3ヶ月待てといわれました。新規に後継機を買うと1ヶ月の納期なのになぜ3ヶ月も待たなくてはいけないの?と聞いても3ヶ月が最短だと言い張ります。

いろいろトラブルはありましたがようやく2017年5月にSONY BRAVIA KJ-75Z9Dが導入されました。

BRAVIA KJ-75Z9Dは夢から現実へ~シアタールームへ設置~
2015年末にBRAVIA KJ-75X9400Cを購入し、翌2016年1月に納品されて以来ずっと調子が悪く、BRAVIA KJ-75Z9Dへ交換することになりましたが、ようやくその交換の準備が整い交換作業が行われました。設置、撤去に苦戦が予想されましたが、何とか無事導入することができましたのでその様子を綴ります。

KJ-75X9400Cのときのトラブルが嘘のようにKJ-75Z9Dは安定していますが、Androidテレビは動作が遅いのと時々不安定になるのが難点ですね。

Her-

↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



4K/HDR&DolbyAtmosMarantzSONYSpeakerCraft連載まとめ記事
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました