2020/2/6記事の公開設定をミスして公開が定時にできていませんでした、残念

4.1.4chにするつもりか?天井埋め込みスピーカーSpeakerCraft AIM5 Threeの中古品衝動買い

4K/HDR&DolbyAtmos

まだどうするかは決めていない

私がオーディオを始めるきっかけになったのは、2003年頃にパソコン雑誌が募集していた懸賞で、データプロジェクタ(1等1名様)に応募して当選したことがキッカケでホームシアターを作りたいという、昔からの願望に火が付いたことでした。

ホームシアター Dolby Atmos/DTS:X トップミドルスピーカー 天井埋め込み インシーリング Speakercraft Profile AIM5 Three Series 2 AIM253 Marantz M-CR611 DENON AVP-A1HD POA-A1HD

シアタールーム回顧録~液晶データプロジェクタ IODATA PJ-112XGA~(2003-2007)
これからたま~に昔使っていた機器のことを書いていこうと思います。今回は初回ということもあり、やはり書くべきはこの機器でしょう。パソコン雑誌の景品に応募して入手したプロジェクタIODATA PJ-112XGAです。PJ-112XGAは型番があらわす通りXGAの解像度を持ったオフィスなどで使う液晶データプロジェクタです。

それから数年後、2006年9月に家を新築したことをきっかけに、まずはフロントのみの2chシアターから始まり、2008年1月ににセパレートAVアンプDENON AVP-A1HD/POA-A1HDとサラウンドスピーカーを導入して4.1chへ発展させました。

ホームシアター Dolby Atmos/DTS:X トップミドルスピーカー 天井埋め込み インシーリング Speakercraft Profile AIM5 Three Series 2 AIM253 Marantz M-CR611 DENON AVP-A1HD POA-A1HD

シアタールーム回顧録~AVプリアンプ DENON AVP-A1HD(2008/1~2016/12)
シアター化 2006年に本格的にシアター環境を構築することを見越して、まずフロント部分となるステレオ環に必要な機材を揃えました。スピーカーにはDALI Helicon 800、プリメインアンプにはDENON PMA-SA11、プレーヤーは...

4.1chから4.1.2chへ

その後、2016年にそのセパレートAVアンプの不調をきっかけに、Dolby Atmosに対応環境に移行することを決め、天井埋め込みスピーカーSpeakerCraft Profile AIM5 ThreeをDIYで設置して、4.1.2chシアターとなっています。

ホームシアター Dolby Atmos/DTS:X トップミドルスピーカー 天井埋め込み インシーリング Speakercraft Profile AIM5 Three Series 2 AIM253 Marantz M-CR611 DENON AVP-A1HD POA-A1HD

4K&Dolby Atmosシアター構築(4)~天井埋め込みスピーカー設置工事~
妄想している間に自分でも設置出来そうな気がして購入したDolby Atmos用スピーカーSpeakerCraft Profile AIM5 Threeですが、通常なら専門業者などに依頼しますが、工事を自分ですることにしました。失敗した時のリスク(復旧工事やリカバリーなど)が高いので、慎重にやらなくてはいけません。



4K/HDR&DolbyAtmos Marantz SpeakerCraft スピーカー ホームシアター
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました