2020/3/13記事の公開で動画Youtubeのリンクが設定ミスによる公開が正常に行われていませんでした。

今年購入してよかったものBest5-2016年-

Marantz

第4位:DolbyAtmos対応AVアンプと天井スピーカー

今年に入ってDENON AVP-A1HDに起こった不調により、急遽導入することになったDolby Atmos/DTS:X対応AVプリアンプ Marantz AV8802Aインシーリング(天井埋め込み型)スピーカー SpeakerCraft Profile AIM5 Threeは、今年の我が家のシアタールームの進化の象徴でもあります。これがなかったら今年中の4K&DolbyAtmos/DTS:X対応はなかったでしょう。

ホームシアター ネットワークオーディオ 4K/HDr Dolby Atmos DTS:X サンシャイン D-REN Marantz AV8802A SpeakerCraft Profile AIM5 Three:Playstation4 Pro Final Fantasy XV YAMAHA RTX1100 光メディアコンバータ 4K UHD Blu-rayプレーヤー Panasonic DMP-UB900 KORDZ LUX High Speed with Ethernet HDMI cable

ホームシアター ネットワークオーディオ 4K/HDr Dolby Atmos DTS:X サンシャイン D-REN Marantz AV8802A SpeakerCraft Profile AIM5 Three:Playstation4 Pro Final Fantasy XV YAMAHA RTX1100 光メディアコンバータ 4K UHD Blu-rayプレーヤー Panasonic DMP-UB900 KORDZ LUX High Speed with Ethernet HDMI cable

年初に4KテレビSONY BRAVIA KJ-75X9400Cを導入したときには、自分で天井に穴開けて、スピーカーをDIYで埋め込みまですることになるとは全く考えていませんでしたし、普段面倒くさがりな私が勢いでこの工事をやってしまったことが、今では信じられません。でもこの工事は本当にやってよかったと思います。

4K/HDRによって映像は肉眼に近づき、同時に天井スピーカーとオブジェクトオーディオによる空間再現は、派手さこそありませんが、映画やゲームの世界に長時間浸るにつれて、「居る」感覚を錯覚させるのに重要な役割を果たしました。

4K/HDR&DolbyAtmosシアター構築記
2016/9月現在の私のシアタールームを構築した際の記事が、複数の記事にまたがってしまっていますので、ここでまとめておきます。

これらの機器を導入していなければ、年間100本以上の映画を観ることもなかったと思います。目立ちませんが、シアタールームを支える名脇役となりました。

あれ…?いつの間にか2016年に見た映画100本に到達してた
今年購入したもののリストを整理していたところ、購入して視聴したはずの映画が、視聴リストと見比べてみるといくつか書かれていないものが見つかりました。(少なくとも4本…。) 11月の時点で93本だと思っていたのに実はすでに100本越えてたという…、何とも達成感の薄い100本達成となってしまいました…。



Marantz Panasonic/Technics SpeakerCraft SUNSHINE/ABA オーディオ&シアター レビュー
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

  1. daisi より:

    大変更の1年でしたね。
    ブログ開始の影響も大きかったりして(^^)
    でも、これだけ入れ替わると、この先何年も入れ替えの必要がないでしょうから安泰ですね。

    とか、なんとか言いながら、来年も大物の入れ替えを期待しております!(笑)

    • Hermitage より:

      daisiさんコメントありがとうございます。
      高額機器の入れ替えはブログ開設前に行っているので、直接影響はありませんが、ブログ開設後に余計な出費が増えた気はします…。
      来年は大物は買う予定はありません、多分(笑

タイトルとURLをコピーしました