2020/3/13記事の公開で動画Youtubeのリンクが設定ミスによる公開が正常に行われていませんでした。

今年購入してよかったものBest5-2016年-

Marantz

第3位:Playstation4 Pro+Final Fantasy XV

私にとって初のHDR対応ゲームとなった、Playstation4 ProFinal Fantasy XVです。

ホームシアター ネットワークオーディオ 4K/HDr Dolby Atmos DTS:X サンシャイン D-REN Marantz AV8802A SpeakerCraft Profile AIM5 Three:Playstation4 Pro Final Fantasy XV YAMAHA RTX1100 光メディアコンバータ 4K UHD Blu-rayプレーヤー Panasonic DMP-UB900 KORDZ LUX High Speed with Ethernet HDMI cable

ホームシアター ネットワークオーディオ 4K/HDr Dolby Atmos DTS:X サンシャイン D-REN Marantz AV8802A SpeakerCraft Profile AIM5 Three:Playstation4 Pro Final Fantasy XV YAMAHA RTX1100 光メディアコンバータ 4K UHD Blu-rayプレーヤー Panasonic DMP-UB900 KORDZ LUX High Speed with Ethernet HDMI cable

ゲームの世界観、壮大な景色、魅力的なキャラクターと彼らが織り成す友情物語、それをHDR対応機器と、4Kアップコンバートによってリアリティを持った映像と、Dolby Surroundによって音に包まれてプレイする臨場感に、あたかもその世界の中で一緒に旅をしているような錯覚に陥りました。

本来4人旅のはずが、自分を合わせた5人で旅をしたような感覚と、クリアした後に残った喪失感のあまり、クリア後のやりこみが何か虚しくなり、実はクリアした後、感動の反動でやりこむことが出来なくなり、しばらくゲームから離れてしまう状態に陥ってしまいました。

HDR対応の映画やゲームは、視覚から入る情報が現実に見ているかのような錯覚を起こします。主人公と一緒に体験をして、恐怖や緊張感などを共有しているので、SDRの映像に比べてとても感情移入しやすく、終わった後に思い出に近い感覚を残すことがあります。

4Kによる精細な映像よりも、HDRによる現実に近い光や色彩の情報の方がリアリティには大切だということを実感させてくれたゲーム機とゲームでした。

ホームシアターはゲームの体験値を120%に引き上げる(FFXVをクリアしてみて…)
HDRへの対応を果たした今回のFinalFantasyXVはその体験値をまた大きく押し上げてくれます。人は視覚から得る情報が、他の感覚よりも大きく、視覚情報の向上による体験値への貢献度はとても高いものです。



Marantz Panasonic/Technics SpeakerCraft SUNSHINE/ABA オーディオ&シアター レビュー
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

  1. daisi より:

    大変更の1年でしたね。
    ブログ開始の影響も大きかったりして(^^)
    でも、これだけ入れ替わると、この先何年も入れ替えの必要がないでしょうから安泰ですね。

    とか、なんとか言いながら、来年も大物の入れ替えを期待しております!(笑)

    • Hermitage より:

      daisiさんコメントありがとうございます。
      高額機器の入れ替えはブログ開設前に行っているので、直接影響はありませんが、ブログ開設後に余計な出費が増えた気はします…。
      来年は大物は買う予定はありません、多分(笑

タイトルとURLをコピーしました