5/12予約投稿の失敗がありましたので公開しなおしました

WestminsterLab Reiのレンタル(1)低発熱クラスAアンプを実現するiBias&CCSシステム

WestminsterLab

他に類を見ない設計

アンプ全体の安定性と剛性は、優れたアンプの重要な基準の1つです。これは、安定した環境下では、信号と電力がより安定し、乱されていない経路を通過できるためです。そのためには、シャーシは非常に安定していて剛性が高く、共振と振動が非常に少ないものにする必要があります。

Reiの機械的構造の概念はUNUMとは完全に異なり、UNUMのようなユニボディを1つだけ持つのではありません。Reiアンプのメインの耐荷重シャーシは非常に精密にCNC機械加工された2つの宇宙航空グレードの6063アルミ合金コンポーネントで構成されています。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

なぜ2つなのか?それは電源コンポーネントと「アンプ」電子機器の間の機械的振動を分離できるからです。

我々のテストの結果、電源には、アンプ内の他の電子部品とは大きく異なる電源周波数とその高調波でのマイクロメカニカル振動があることがわかりました。このユニークな構造は、この振動を最小限に抑えることができます。

アンプの露出した外部パネルは、スピーカーからのオーディオバンド内の多くの微振動を吸収します。したがって、Reiのこれらの外部パネルは、オーディオバンドから可能な限り離れて共振するように設計されており、繊細で敏感なオーディオ電子機器から離れて、電源シャーシに固定されています。

非対称ヒートシンクの設計

すべての「アンプ」電子機器が取り付けられているシャーシの主要コンポーネントの1つは、メインヒートシンクです。設計するのは非常に難しいコンポーネントで、構造として機能する必要があるため、一定の機械的剛性が必要です。

オーディオ アンプ WestminsterLab Rei Quest クラスA iBias CCS Leedh Processing Volume Control LUMIN レビュー 試聴 Urtra standard Power XLR-UT XLR-ST Autria Alloy 金銀銅合金 カーボンファイバーシールド

また、ヒートシンクとして機能する必要があり、ある程度の外部への露出が必要です。これは、ヒートシンクとして機能するために必要な表面積が、ヒートシンクに大きな影響を与える可能性があり、また巨大な吸音材にもなるため、問題を引き起こします。

これが、Reiのヒートシンクが非常にユニークな非対称フィンを備えている理由です。これにより共振効果が減少し、ヒートシンクの開口部は他のボディパネルによって制御され、オーディオの振動にできるだけさらされなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました