2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

横型レイアウト変更の準備~TAOC MSRラックを追加購入~

オーディオ&シアター

横型ラックレイアウトへ

この2週間ほどに渡って検討してきましたが、試聴環境の利便性向上を目的として、現在の縦型ラックレイアウトから横型ラックレイアウトへ変更するシミュレーションが一通り終わりました。

ラックレイアウトの見直し模索(2)横型ラックの設置シミュレーション
検討した結果、移行できる可能性があるのは横型ラックレイアウトであろうという結論に達しましたが、実際に移行をする前にケーブルなどの追加調達が発生する可能性がないかじっくりシミュレーションしてみることにしました。 いくつかのフェーズに分けて書いていきますが、私の思考の過程なので、少々回りくどくなっているかもしれませんが…

ラックについては現有資産を生かす形で、中央に1列3段、左右に1列4段を1つずつ設置するレイアウトにすることになりました。ケーブル類のシミュレーションでもケーブル長で切迫した配線の問題はないようなので、実際に設置へと準備を始めることになりました。

ラックレイアウトの見直し模索(4)映像音声ケーブル配線シミュレーション
横型ラックレイアウトの検討もいよいよケーブルのシミュレーションに入ります。ケーブルを3つに分けて検討してみます。1.信号系ケーブルの配線、2.電源ケーブルの配線、3.ネットワークの配線。長くなりそうなのでまずは信号系ケーブルの配線について、各機器に接続しているケーブルを細かく見ていきます。

購入するラックはもう決まっています。TAOC MSRシリーズ、1列3段のMSR-3S-DGです。

TAOC MSRシリーズ

TAOC MSRシリーズの特長をメーカーHPより引用してみて見ます。

特長

  • デザイン
    ・オーソドックスなデザイン
    ・塗装は2種類
  • 使い易さ
    ・組立て易さを追求した構造
    ・収納機器に応じた、棚間寸法、段数の自由選択が可能
  • 性能
    ・棚板を特殊塗装でコーティング
  • その他
    ・余裕の耐荷重
    ( 1段当たりの耐荷重100kg、全体の耐荷重400kg)
  •  特殊コーティング塗装
    金属粉末配合の特殊コーティングで振動減衰性能が格段に向上しました。

〈減衰性能比較グラフ〉


上の通常塗装のグラフに比べ、下の特殊塗装のグラフは振動半減時間が約半分となり振動減衰性が約2倍となります。

仕様

  • 支柱:アルミ
  • 棚板: 高密度MDF(厚さ21mm)
  • 脚部:グラデーション鋳鉄

仕上げ

  • 支柱:グレーメタリック
  • 棚板:ダークグレーメタリック、ダークブラウンメタリック
  • 脚部:ブラック

1列の「S Type」、2列の「L Type」、3列の「W Type」があります。今回購入するのは1列の「S Type」です。



オーディオ&シアター ラック/ボード/インシュレータ
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました