2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

ラックレイアウトの変更(3)ラックの組み換え

Marantz

ここからが本番

ラックのレイアウト変更をするために、ラックの前においてあったサブウーファーDALI Helicon S600とテレビSONY BRAVIA KJ-75Z9D、壁寄せラックSDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570を撤去することが出来ました。

ラックレイアウトの変更(2)サブウーファとテレビの撤去
シミュレーションではレイアウト変更に大きな障害はなさそうでした。購入してあったラックベースユニットTAOC K-MSR-3S-DGと支柱TAOC MSR-P415×2が休日に到着しました。10営業日(約2週間)ほどかかると聞いていたので、もう少し時間がかかるかと思いましたが、10日ほどで到着。これで作業が始められます。

これだけでも結構な重労働でしたが、ここで立ち止まるわけには行きません。やっとラックにアクセスできるようになったので、今回のプランに合わせてラックを組み替えしていきます。

メインラックの組み換え

まずはすべての機器の電源を落とし、電源ケーブルを抜いていきます。AVプリアンプMarantz AV8802AとパワーアンプDENON POA-A1HDの間のケーブルはそのまま接続したままにしてそれ以外の信号系ケーブルもすべて抜いていきました。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

これだけのケーブルを抜くのに撤去だけでも30分くらいかかりました。メインラックには上から以下のように設置されています。

  • Panasonic DMP-UB900
  • DENON DVD-A1XVA
  • Marantz NA-11S1
  • Marantz AV8802A
  • DENON POA-A1HD

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

ケーブルをすべて外したところで、上から3台DMP-UB900DVD-A1XVANA-11S1は新しく組み立てるラックへと移すのでラックから降ろし、作業の邪魔にならない場所で待機させておきます。

3台を降ろしたメインラックは5段から3段へ組み替えなおします。TAOCのラックは棚は天板のみ他の棚とは形状が異なっていて、その他の棚は共通の仕様になっています。一番上の天板は、最後に止める平型ネジをフラットに収めるために窪んでいますが、他の棚は表面がフラットです。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

まず天板を固定しているネジを外し、天板を降ろします、支柱を取り除き、棚、支柱、棚の順で取り外し、そこに一番最初に外した天板を載せ、キャップボルトで固定します。ラックに設置したままになっているAV8802APOA-A1HDは相互に接続しているケーブルはそのままでいいので、これでメインラックの組み換えは終わりになります。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415



Marantz Panasonic/Technics SONY オーディオ&シアター ラック/ボード/インシュレータ
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました