2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

2017年を振り返って(6)~2017年総括~

オーディオ&シアター

2017年総括

これまで全5回に渡って、今年の散財の記録と大きな出来事について振り返ってきました。

2017年を振り返って(1)~抱負とその結果~
2017年を一言で表すなら「トラブルに始まり、散財に終わる年」でした。2017年はアクセサリ類を中心に大きく入れ替わった年となり、現在は年初の姿とは大きく変わっています。年初の抱負と合わせて、大きな出来事を中心に全3回にわたって振り返ります。まず1回目は年初に掲げた抱負とその進捗状況や結果を見ていきましょう。
2017年を振り返って(2)~2017年第1四半期の出来事と散財の記録~
今年の大きな流れは以下のような感じです。テレビの故障の対応、ネットワークオーディオの整理や更新、死蔵品の処分と海外盤4K UrtraHD Blu-rayソフト、電源環境の刷新、全体的にケーブルなどのアクセサリが数多く入れ替わった年となり、過去10年分位の試聴をした気がします。導入したもののを振り返ってみたいと思います。
2017年を振り返って(3)~2017年第2四半期の出来事と散財の記録~
さて、上半期第2部、第2四半期分になります。第1四半期では、以下のとおりとなっています。さて、第2四半期ではどのような流れになるでしょうか。4月から見ていきましょう。4月は主にネットワークオーディオ用のモバイルバッテリをテストしていたような気がしますが、行き詰まりました。
2017年を振り返って(4)~2017年第3四半期の出来事と散財の記録~
上半期にいろいろなアクセサリを比較試聴をした結果、従来のラック配置では不便を感じるようになってきました。問題点は以下の通りです。試聴のためのアクセサリ交換がやりにくい、試聴アイテムを置くスペース不足、電源ケーブルから可能な限り「より線」を取り除きたい、そこでラックレイアウトの変更シミュレーションから下半期は始まります。
2017年を振り返って(5)~2017年第4四半期の出来事と散財の記録~
下半期に入ってスタートしたラックレイアウトの変更と、それによってできたラック棚の秋スペースを埋めろといわんばかりに、DELAのモニター募集で機器を導入することが出来たのが第3四半期のハイライトでした。ネットワークオーディオの改善が引き続き、最後は電源環境の大改革となります。1年間の総括と合わせて振り返りましょう。

記事をまとめ始めたときは3回くらいで終わるつもりでしたが、数え切れないくらいのレビューをした今年を振り返っている間に、書いても書いても、いや打っても打っても終わらなくて、どんどん膨らんでしまいました。

2017年が始まった頃と年末の様子を写真で比較してみましょう。まずは2016年の終わり頃のシステムの様子です。

ホームシアター オーディオ ブログ 2017年 総括 ネットワークオーディオの改善 電源改革 テレビ故障修理 死蔵品の処分

そして2017年レイアウト変更後、12月末のシステムの様子です。

ホームシアター オーディオ ブログ 2017年 総括 ネットワークオーディオの改善 電源改革 テレビ故障修理 死蔵品の処分

我が家のシステムの顔とも言えるテレビの入れ替わりと、レイアウトの変更があったので、大きく変化したように見えますが、それ以外の機器はさほど入れ替わっていません。アクセサリは大量に入れ替わりました。

2017年の散財について

2017年の散財について、自分でもばかげた金額だと思うので具体的な金額を書くのははばかられますが、新品で導入したものを積算してみると定価ベースでは500万円程度の計算になります。

故障交換だったり、中古品での購入で導入したものを含めるとやや金額の計算は複雑になりますが、参考情報として以前2006年~2016年にかけての投資額を集計した記事を書きましたのでそれが参考になるかと思います。

ホームシアター オーディオ ブログ 2017年 総括 ネットワークオーディオの改善 電源改革 テレビ故障修理 死蔵品の処分

AV機器にかけた費用を振り返ってみる(2006年~2016年)
皆さんは、機器やアクセサリの導入にかけている金額を毎年把握しているでしょうか?見ないフリをして過ごすほうが幸せかもしれませんが、私は毎年AV機器とアクセサリに使った費用を全て表計算ソフトに記録して残してあります。残してある内容は、以下のとおりです。各月ごとに何を導入し、何を手放したのか、その時点で保有機器やアクセサリ

実際には、それぞれ割引などもありますし、売却したものの売却益もあるので、実質的な出費は大幅に下回ります。具体的な金額はこれを参考に推測していただきたいと思いますが、アクセサリに対する投資としては過去最高額となったことは確かです。

コメント

  1. 斎藤幸哉 より:

    一年間 お疲れ様でした。
    たまたまこちらを見つけて毎日更新されているので、ご苦労もあったでしょうが、毎日楽しみにしておりました。

    これからも見て楽しい、役に立った、と思う様な書き込みを期待しております。

    • HermitageHermitage より:

      斎藤様、コメントありがとうございます。
      こうしてコメントいただけることがモチベーションとなり、また続けていこうという気持ちになります。今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました