正攻法か邪道を行くか~Marantz NA-11S1のXLR端子の極性と反転の設定~

XLR端子の極性

オーディオ機器に使われているXLR端子の極性は、国際標準は一応2番HOTですが、2番HOTのものと3番HOTのものが混在しているのは有名な話です。

ネットワークオーディオ Marantz NA-11S1 AV8802A XLR端子 アメリカ式 ヨーロッパ式 極性 2番HOT 3番HOT 反転 設定 メニュー Phase Normal Inverted 正相 逆相

アメリカ式は3番HOT、ヨーロッパ式は2番HOTとなっているため、異なるメーカー間で接続するときには、注意が必要ですが、同じメーカーの機器でもプレーヤーやアンプによってアサインが異なる場合もあります。

ネットワークオーディオ Marantz NA-11S1 AV8802A XLR端子 アメリカ式 ヨーロッパ式 極性 2番HOT 3番HOT 反転 設定 メニュー Phase Normal Inverted 正相 逆相



Marantzはアメリカ式とヨーロッパ式混在

私が使っているMarantzの機器はプレーヤーとアンプでアサインが異なっています。なぜこんなことをするのかよくわかりませんが、AVプリアンプAV8802AのXLR端子はヨーロッパ式2番HOTです。

ネットワークオーディオ Marantz NA-11S1 AV8802A XLR端子 アメリカ式 ヨーロッパ式 極性 2番HOT 3番HOT 反転 設定 メニュー Phase Normal Inverted 正相 逆相

ネットワークオーディオプレーヤーNA-11S1はデフォルト設定がアメリカ式3番HOTに設定されています。(NA-11S1は切り替え可能。)

ネットワークオーディオ Marantz NA-11S1 AV8802A XLR端子 アメリカ式 ヨーロッパ式 極性 2番HOT 3番HOT 反転 設定 メニュー Phase Normal Inverted 正相 逆相

NA-11S1の設定はどちらであっても、左右が統一されていれば音はほとんど違和感なく出るので、普通は気づかないと思います。私も最初にテストしているときは気づきませんでしたし、でも比べると違うのはわかります。

これらのアメリカ式とヨーロッパ式を合わせるには、ケーブルの配線で2番と3番をクロスするか、変換コネクタなどを使うか、機器の設定で反転するかになります。

幸いNA-11S1には反転機能がついていて、メニューから次のような項目を変更すれば、反転可能です。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link