2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

IODATA EX-HD4CZの購入~DELAのバックアップ用外付けUSBHDD~

DELA/BUFFALO

急いで調達する必要はないけど

2019年1月末に新しくネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1を導入し、ネットワーク再生時の音源としてDSD音源に対応したことから、メルコシンクレッツ DELAの内蔵ディスクの空き容量が急激に減ったことがありました。

ネットワークオーディオ NAS メルコシンクレッツ DELA 4TB モニター評価機 IODATA EX-HD4CZ RockDisk for music RockDisk Next QNAP TS-119 Inateck HDDドッキングステーション FD1006C 8TB USB3.0対応 レビュー バックアップ 復元

そろそろDSD音源をNASに取り込もう~LUMIN X1とNASのデータ倍増~
DSDのネットワーク再生 2019年1月末に、光ファイバー接続に対応したネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1を購入しました。それ以前はMarantz NA-11S1を使っており、音質的には不満はありませんでしたが、アプリが致命...

2020年1月時点ではDELAは2TB×2の構成ですが、ミラーリングモードで実質2TBのストレージとして利用しています。DCD音源の投入以降もCDのリッピングなどによって、徐々にデータは増え2020年1月時点ではディスク容量の81%を消費している状態です。

今すぐに容量が枯渇するということはありませんが、このまま音源が増えていけば2TBでは賄えなくなり、ストライピングモードに変更して4TBのストレージとして使うことになるでしょう。

ストライピングモードにバックアップは必須

普段DELAのデータを頻繁にバックアップすることはなく、リッピングなどで音源を入手したら、その都度、稼働中の全てのNASに同じ構成でデータを保存するようにしています。NASは全部で4台稼働しており、それぞれ内蔵ディスク容量は以下のようになっています。

  • メルコシンクレッツ DELA:2TB×2 ※ミラーリングモード
  • QNAP TS-119:4TB
  • IODATA RockDisk for music:2TB
  • IODATA RockDisk Next:2TB ※DLNAサーバー未稼働

DELAをストライピングモードに変更することを前提とすると、バックアップとなるNASにも同じ容量が必要となることから、TS-119は少し前に4TBへ容量を増量しています。

ネットワークオーディオ NAS メルコシンクレッツ DELA 4TB モニター評価機 IODATA EX-HD4CZ RockDisk for music RockDisk Next QNAP TS-119 Inateck HDDドッキングステーション FD1006C 8TB USB3.0対応 レビュー バックアップ 復元

音源データのバックアップのためにQNAP TS-119の容量増を検討
音源データのバックアップは厳重に LUMIN X1という多種多様な音源に対応したネットワークオーディオプレーヤーを導入したことで、DSD音源への再生が可能になったため、メインで使っているNASであるメルコシンクレッツ DELA モニター試...

RockDisk for musicはこれ以上容量を増やすことは難しいことから、DELAの容量が2TBをオーバーした時点で、ミュージックサーバーとしては役目を終え、通常のデータサーバーとして使うことになるでしょう。RockDisk Nextは容量の増量は可能ですが、入れ替え作業の手間を考えると退役せる可能性もあります。



DELA/BUFFALO fidata/RockDisk/IODATA HDD&SSD ネットワークオーディオ パソコン関連 レコーダー/チューナー類
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました