音源データのバックアップのためにQNAP TS-119の容量増を検討

音源データのバックアップは厳重に

LUMIN X1という多種多様な音源に対応したネットワークオーディオプレーヤーを導入したことで、DSD音源への再生が可能になったため、メインで使っているNASであるメルコシンクレッツ DELA モニター試聴機に800GB近くのデータを投入しました。その結果、使用できる2TBの容量の内1.5TB以上を消費してしまっています。

ネットワークオーディオ LUMIN X1 DSD NAS メルコシンクレッツ DELA モニター評価機 IODATA 挑戦者 RockDiskNext RockDisk for Audio QNAP TS-119 4TB Inateck HDDドッキングステーション FD1006C 8TB USB3.0対応 レビュー Western Digital WD Blue WD40NPZZ Seagate BarraCuda ST4000LM024 ST5000LM000

DSDのネットワーク再生 2019年1月末に、光ファイバー接続に対応したネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1を購入しました。それ以前はMarantz NA-11S1を使っており、音質的には不満はありませんでしたが、アプリが致命...

更なる音源の追加は今のところ考えていませんが、いずれこの空きスペースもデータで埋まっていくことでしょう。その場合はDELAのHDDの使用モードを2台の内1台を常にバックアップとして使うミラーリングから、2台のHDDを1つの領域(4TB)として使うストライピングもしくはスパニングに変更すれば、容量を4TBとして使用することは可能です。

しかしこの場合はデータのバックアップがDELA内でできなくなるので、他のHDDなどに常にバックアップをする必要があります。



バックアップは何重にも

現在DELAに保存されている音源のバックアップは、常に2台のNASへ同じデータを保存し、バックアップとしていましたが、DELAのモニター販売の最後のテストで外付けUSBHDDが必要になったため、それをそのままバックアップ用ディスクとして使って、たまにDELAから直接バックアップを行っています。

また、音源の保存を行っているNASに関しては、DELAの他に3台ありますが、いずれも2TBを超えると容量が不足しますので、今後のバックアップの運用については、それぞれ検討が必要です。

私のオーディオ用のNASの使用遍歴を以前振り返ったことがありますが、その古い順にそれぞれの状況を確認してみましょう。

Network Attached Storage 私がネットワークオーディオに取り組み始めたのは、AVプリアンプ DENON AVP-A1HDを購入した後でした。当時ネットワークオーディオプレーヤーと言えるのはLINN DSシリーズくらい...

QNAP TS-119はすぐにでも対策が必要

現存するオーディオ用のNASとして最も古いのがQNAP TS-119です。TS-119はネットワークオーディオ黎明期に、金属筐体でFANレスという仕様と、DLNAサーバーアプリケーションとしてTwonky Serverが搭載されていたことでもてはやされた機種です。

ネットワークオーディオ LUMIN X1 DSD NAS メルコシンクレッツ DELA モニター評価機 IODATA 挑戦者 RockDiskNext RockDisk for Audio QNAP TS-119 4TB Inateck HDDドッキングステーション FD1006C 8TB USB3.0対応 レビュー Western Digital WD Blue WD40NPZZ Seagate BarraCuda ST4000LM024 ST5000LM000



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link