DENON PMA-SX1を購入(1)原点回帰

性能に関しては、何度も聞いて申し分ないことはよくわかっています。全段バランス構成で、BTL接続によるハイパワー駆動はもちろん、マイコンストップモードによるリモコン対応は地味に大切です。

DCD-SA11は3番HOTですが、X1は2番HOTなのでバランス入力端子は2番/3番HOTを切り替え可能なのもポイントです。ケーブルは替えのきかないAcoustic Revive XLR-absolute-FMですから、切り替えて使うにはケーブルごと切り替えなくてはいけませんからね。

ホームシアター ネットワークオーディオ DENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 購入 レビュー

PM-10に対してバランス入力端子が1つしかないのがネックでしたが、そこはDCD-SA11の使用頻度を考えて妥協します。30kgを超える巨艦アンプなので、腰痛持ちの私としてはここは結構不安で、運ぶのに苦労しそうですが、その重量が良い音につながると思えば苦労のしがいもあります。



原点となったシステム

本ブログでは何度か触れていますが、私が始めて本格的なオーディオ機器を購入した当時のシステムは以下のようなものでした。

ホームシアター ネットワークオーディオ DENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 購入 レビュー

  • フロントスピーカー:DALI Helicon 800(Pair)
  • プリメインアンプ:DENON PMA-SA11
  • ユニバーサルプレーヤー:DENON DVD-A1XVA
  • プロジェクタ:IODATA PJ-112XGA
  • スクリーン:KIKUCHI Stylist SUP-80HDAM/B

DALI Helicon 800の弦楽器の音色に惹かれたのがキッカケでしたが、DALIの輸入代理店でもあったDENON製の製品で統一して、将来のホームシアターへの拡張性を考慮して、ユニバーサルプレーヤーDENON DVD-A1XVAと、パワーダイレクト端子を搭載したプリメインアンプDENON PMA-SA11を購入したのが私のオーディオルームの原点です。

その後マルチチャンネル化に伴い、セパレートAVアンプDENON AVP-A1HD/POA-A1HDに移行し、今でもPOA-A1HDは使っていますので、DENONサウンドは体に馴染んでいます。

ホームシアター ネットワークオーディオ DENON PMA-SX1 PMA-SX11 DCD-SA11 Marantz PM-10 PM-14S1 LUMIN X1 購入 レビュー

エイプリルフールは真実を交えて

エイプリルフールの記事の中の「株で儲けた」というのも嘘ですし、「新品で購入」というのも嘘でしたが導入するのは本当です。ありそうな本当のことを交えながら嘘を書かないと、真実味がないのでエイプリルフールの意味がないですからね。

中古とはいえ現行ラインナップのフラグシップ機であるPMA-SX1が手に入ったのは嬉しいですが、実際動作確認をしてみないと何とも言えません。届きましたらまた記事にする予定です。

重い!が心強い オーディオルームで使用しているプレーヤーにはバランス出力端子が搭載されていますが、受け手となるプリメインアンプMarantz PM-14S1にはバランス入力端子が搭載されていません。 このことがボトルネックと...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link