2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

BRAVIA KJ-75Z9Dの夢を見たが、それは幻か…?

4K/HDR&DolbyAtmos

いや、ようやく現実となる…

2017年1月の初めに保証が切れる前に一度修理してもらおうと購入当初から調子の悪かったSONY BRAVIA KJ-75X9400Cの修理を依頼しました。

ホームシアター 4K/HDR SONY BRAVIA 故障 修理 対応 優先順位 KJ-75Z9D Z9D サポート KJ-75X9400C

メイン基板を交換しても直らず、いろいろテストをしてみても直る様子が見られないことから、すでに販売が終息していたKJ-75X9400Cから、代替機となるKJ-75Z9Dへ交換することが決まり、当初1週間ほど商品の用意に時間がかかると聞いていたので、シミュレートまでして受け入れ態勢を整えていました。

BRAVIA KJ-75Z9Dの夢を見る~本体交換 設置シミュレーション~
トラブル続きだったSONY BRAVIA KJ-75X9400Cについて、現在本体交換を調整中です。ただ、KJ-75X9400Cはすでに販売終息品ということもあり、交換は後継機KJ-75Z9Dになるかもしれません。壁寄せスタンドへの設置位置が変更となる可能性が高いので、寸法図などから実際にシミュレーションして見ました。
BRAVIA KJ-75Z9Dの夢を見る~本体交換 接続変更シミュレーション~
先日不調続きだったKJ-75X9400Cの交換が決まり、後継機のKJ-75Z9Dのが電子黒板用の壁寄せラックに設置できるかシミュレートしてみました。ラックへの設置はできそうですが、KJ-75X9400CとKJ-75Z9Dの接続端子は位置が変わっているのでケーブルの変更などが必要ないか確認しておく必要があります。

ところが調整が暗転、なんと納品は5月と言われてしまいました。

これが最後のBRAVIAだな…~ 3ヵ月後にBRAVIA KJ-75Z9Dと交換予定~
結局、SONY BRAVIA KJ-75X9400CからKJ-75Z9Dへ交換できる納期は3ヶ月と変わることなく返金もないので以下の3択になりました。 約2/3の価格で買い取り もう1度KJ-75X9400Cのパーツ(液晶パネル他)を交換 5月まで待ってKJ-75Z9Dへ交換 不良品を作っておいて納得できませんね。

普通に購入すれば1ヶ月程度で入荷するものが、3ヵ月後といわれ、全く納得できないままいろいろ交渉しましたが、保守品へ在庫が回ってくるのが5月より前倒しできないという、SONY側の言い分を仕方なく受け入れる形で決着しました。

その間にもパネルコントロール基板の交換やソフトウェアの更新などを行って、1つの不具合を残してある程度安定するところまではこぎつけましたが、部分的に表示される色が部分的に違って表示される問題は結局最後まで直りませんでしたね。

BRAVIA KJ-75X9400C 再修理後の気になる症状とマシュマロ
先日、SONY BRAVIA KJ-75X9400Cの液晶パネルのコントロール基板を交換しました。その際ソフトウェアもまだ公開されていないものがインストールされていると聞いていたので、実際にソフトウェアの情報を調べてみることにしました。今のところ再起動していないので、パネルコントロール基板の故障だった可能性が高そうです

交換日の決定

本当はゴールデンウィークはKJ-75Z9Dで遊びたかったんですが、結局それから今か、まだかと待ち続け、こりゃ予定の5月も再延期になるんじゃないのか?

BRAVIA KJ-75Z9Dはいつ来るのか?
1月に修理依頼したSONY BRAVIA KJ-75X9400Cですが、紆余曲折あり5月にBRAVIA KJ-75Z9Dへ交換する予定です。もう4月も残り1週間ほどとなりゴールデンウィークも近づいてきました。担当者の方は前倒しできるようにフォローしているいっていたのですが、結局前倒しされることはなさそうですね。

などと考えていたところ、5月も半ばにさしかかろうという時期になって、ようやく保守在庫の確保と日程調整の連絡が来て、来週搬入することが決まりました。

こんなかんじになるはず…。

ホームシアター 4K/HDR SONY BRAVIA 故障 修理 対応 優先順位 KJ-75Z9D Z9D サポート KJ-75X9400C

最近SONY 有機EL 4Kテレビをソニーストアのショウルームへ見に行ったり、Z9Dとも比較をしていますが、Z9Dもラインアップに残ったこともほっとする出来事でしたし、KJ-75Z9Dの画質の良さを改めて実感していますので、またゆっくり時間をかけてレビューしてみたいなと思っています。

有機EL 4Kテレビ BRAVIA A1とAVアンプ STR-DN1080を試聴してきた<ソニーストア銀座>
Z9Dシリーズ、有機EL 4Kテレビ BRAVIA A1シリーズをWフラグシップとして、それを中心に各価格帯の4K液晶テレビのラインナップが刷新され、4K UHD Blu-rayプレーヤー、Atmos/DTS:X対応AVアンプも発表されています。銀座のシアタールーム展示室に平日の休みを利用して見に行くことにしました。

最新式に交換できるのはうれしいけど、これまでの苦労とストレスを考えると、得した気分にはなれませんな…。そもそも最初から正常な製品作ってくれればこんなことにはならなかったのに。

あ~、長かった。とりあえず搬入搬出の作業を見守らなくては…。

BRAVIA KJ-75Z9Dは夢から現実へ~シアタールームへ設置~
2015年末にBRAVIA KJ-75X9400Cを購入し、翌2016年1月に納品されて以来ずっと調子が悪く、BRAVIA KJ-75Z9Dへ交換することになりましたが、ようやくその交換の準備が整い交換作業が行われました。設置、撤去に苦戦が予想されましたが、何とか無事導入することができましたのでその様子を綴ります。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



4K/HDR&DolbyAtmos SONY
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

  1. Ni より:

    エルミタージュさんこんばんは。
    Niです。
    『良かったですね。』を通り越して、『お疲れ様です。』
    ですね。

    無事にトラブル無く搬入&設置、確認が済めば良いですね。
    お身体の方も負担が軽ければと心配しております。

    • Hermitage より:

      Niさん、ご心配およびコメントありがとうございます。
      トラブル続きでの交換ですから、交換作業以降はスムーズに行ってほしいですね。5月はバタバタと忙しく動き回っていて少し体調を崩し気味ですが、何とか乗り切りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました