AVプリアンプ Marantz AV8805を試聴レビュー~AVAC国内先行イベントフェア~

AVAC本店での至福のひと時

3月中旬に発売が予定されているMarantz ハイエンドAVプリアンプAV8805が、AVAC各店舗で国内先行イベント・フェアが行われるというので、情報を聞いて即申し込みをして2018年3月10日に実際にAVAC秋葉原本店で見てまいりました。

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応 DENON POA-A1HD Bowers & Wilkins 802 D3 HTM1 D3 804 D3 805 D3 Moniter AudioPLW215 II PIEGA AP1.2 OPPO UDP-205 JVC DLA-Z1

今日はこれを見に行ってくる Marantzは2018年3月中旬にフラグシップ13.2ch対応AVプリアンプ「AV8805」(価格:500,000円(税抜))を発売するそうです。 先行してAVAC各店舗で国内先行イベント・フェ...

案内されると画面にはすでにAV8805の姿が映し出されていまして、比較的中央に近いいい席を確保することができました。AVアンプの音場感を体験するにはやはり端ではわかりにくいですから助かりました。

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応 DENON POA-A1HD Bowers & Wilkins 802 D3 HTM1 D3 804 D3 805 D3 Moniter AudioPLW215 II PIEGA AP1.2 OPPO UDP-205 JVC DLA-Z1



デモシステムの構成~アンプ群~

まずはデモシステムの構成をアンプ類から見ていきましょう。

AVプリアンプ:Marantz AV8802A

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応 DENON POA-A1HD Bowers & Wilkins 802 D3 HTM1 D3 804 D3 805 D3 Moniter AudioPLW215 II PIEGA AP1.2 OPPO UDP-205 JVC DLA-Z1

比較対象として前モデルのAV8802Aと直接比較できるのはうれしいです。

AVプリアンプ:Marantz AV8805

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応 DENON POA-A1HD Bowers & Wilkins 802 D3 HTM1 D3 804 D3 805 D3 Moniter AudioPLW215 II PIEGA AP1.2 OPPO UDP-205 JVC DLA-Z1

見た目はあまり変わっていませんね。中身はだいぶ違うようです。

マルチチャンネルパワーアンプ:DENON POA-A1HD ×2

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応 DENON POA-A1HD Bowers & Wilkins 802 D3 HTM1 D3 804 D3 805 D3 Moniter AudioPLW215 II PIEGA AP1.2 OPPO UDP-205 JVC DLA-Z1

何とDENON POA-A1HDというモンスターマルチチャンネルパワーアンプを2台使ってのデモになります。フロアスピーカーはブリッジ接続、トップスピーカーはシングル接続で、我が家の環境もAV8802APOA-A1HD、スピーカーの駆動のさせ方もよく似ているので違いがわかりやすいです。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止