AVプリアンプ Marantz AV8805を試聴してみたい~AVAC国内先行イベントフェア~

今日はこれを見に行ってくる

Marantzは2018年3月中旬にフラグシップ13.2ch対応AVプリアンプ「AV8805」(価格:500,000円(税抜))を発売するそうです。

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応

Phile-web”https://www.phileweb.com”より引用

先行してAVAC各店舗で国内先行イベント・フェアが催されるそうで、以前からFさんにご一緒しましょうとお誘いを受けていたので私も申し込んでみました。(ご一緒できるかどうかは申し込みの空き次第でしたが…。)

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応

Phile-web”https://www.phileweb.com”より引用

『marantz AV8805』国内先行イベント・フェア開催

Fさんも私も前モデルMarantz AV8802Aを使用しており、その進化を体験しに行こうというわけです。



AV8805 概要

背面を見るだけでもすごい端子の数ですが、AV8802Aよりもさらにプリアウト端子が増えています。

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応

Phile-web”https://www.phileweb.com”より引用

AVACのイベント情報から抜粋すると以下のような特長や機能が搭載されているようです。

ホームシアター ネットワークオーディオ AVプリアンプ Marantz AV8805 AV8802A 後継機 AVAC 先行公開イベント 13.2ch HDAM-SAプリアンプ搭載 15.2chプリアウト装備 32ビット対応D Aコンバーター8個搭載 2機の32ビットフローティングポイントDSP 厳選された高音質パーツの採用 Dolby Atmos DTS Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応 3ピーストップカバー ダブルレイヤードシャーシ 銅メッキシャーシ 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター ボリュームIC UltraHD 4KHDR 60p 4 4 4BT.2020信号パススルー対応 HDR10 Dolby Vision HLG対応 Audyssey MultEQ Editer appに対応 高周波ノイズコントロール Audyssey MultEQ XT32 Sub EQ HT搭載 HEOS Spotify インターネットラジオ対応 5.6MHz DSD ハイレゾ音源対応

Phile-web”https://www.phileweb.com”より引用

  • 13.2ch独立基板によるHDAM-SAプリアンプ搭載
  • 13.2chプロセッシング対応/15.2chプリアウト装備
  • 32ビット対応プレミアムステレオD/Aコンバーター8個を搭載
  • 2機の32ビットフローティングポイントDSP
  • 厳選された高音質パーツの採用
  • Dolby Atmos/DTS:Xへの対応に加え、「Auro3D」にファームウェア対応
  • 3ピーストップカバー/ダブルレイヤードシャーシ/銅メッキシャーシ
  • 理想的な信号経路を実現する独立型セレクター/ボリュームIC
  • UltraHD 4KHDR/60p 4:4:4BT.2020信号パススルー対応
  • HDR10/Dolby Vision/HLG対応
  • Audyssey MultEQ Editer appに対応
  • 高周波ノイズコントロール
  • Audyssey MultEQ XT32/Sub EQ HT搭載
  • HEOSテクノロジーによる多彩なネットワークオーディオ機能
  • 音楽ストリーミングサービス「Spotify」他、インターネットラジオ対応
  • 5.6MHz DSD、ハイレゾ音源対応

いい席が取れるかわかりませんが、実際に見聞きしたレポートは後日公開する予定です。

AVAC本店での至福のひと時 3月中旬に発売が予定されているMarantz ハイエンドAVプリアンプAV8805が、AVAC各店舗で国内先行イベント・フェアが行われるというので、情報を聞いて即申し込みをして2018年3月10日に実際にAV...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止