2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

ホームシアターの変遷(2)~フルHDとロスレスオーディオ対応~

オーディオ

 

マルチチャンネル化へ向けて:2007年~2008年

前回は初めて買ったオーディオセットの話でした。

ホームシアター オーディオ:ロスレス フルHD DLNA マルチチャンネル Playstation3 DVD-2500BT DVD-A1XVA AVP-A1HD POA-A1HD TAOC ラック MS-3

ホームシアターの変遷(1)~初めて買ったオーディオシステムとの邂逅~
ホームシアターを始めた頃から、現在(2016年6月現在)のシステムに至るまでの変遷を、大きな変化があった時期を抜粋した形で書こうと思います。2006年9月、私が初めて導入したオーディオシステムはこんな構成でした。発端は2003年にパソコン雑誌の「プロジェクタ プレゼント1名様」に対し、応募したのがキッカケでした。

今回はロスレスオーディオとフルHDへ対応した頃のシステムの話題になります。

最初に購入してから1年ほど経ち、当初から予定していたDENON AVC-A11XVの検討を開始した2007年ころには、ちょうど地デジの普及と「Blu-ray v.s. HDDVD」の次世代ディスクのシェア争いが激しい頃でした。

ホームシアター オーディオ:ロスレス フルHD DLNA マルチチャンネル Playstation3 DVD-2500BT DVD-A1XVA AVP-A1HD POA-A1HD TAOC ラック MS-3

すでにAVアンプは後継機が発表される時期となっていたので、購入を見送り後継機の発売を待つことにしました。2007年後半からフルハイビジョンとロスレスオーディオに対応していくことになります。

AVアンプが発売されるまでの間、まず手を付けたのは映像機器でした。

Blu-rayレコーダの導入

まず最初に購入したのがBlu-rayレコーダ Panasonic DMR-BW200で当時500GB HDDを搭載し、2層のBD-Rに対応したレコーダはこれだけで選択の余地はありませんでしたが、これを機にWOWOWと契約してい映画を録画しまくりました。

ホームシアター、オーディオ、Playstation3、DVD-2500BT、DVD-A1XVA、AVP-A1HD、POA-A1HD、TAOC ラック MS-3

WOWOWの画質が大きく変わってから録画をやめましたが、録り貯めた映画を保存したBlu-rayディスクは3000枚は超えていると思います。

音楽ファイルライブラリ構築(1)2000年~2008年
今をさかのぼること2000年頃、mp3というオーディオコーデックとの出会いがきっかけで、HDDに数十万曲という曲を保存して、LAN経由で再生するサーバを構築し、今のDLNA環境の先駆けとなるようなシステムを構築していました。数十万曲を管理するために、構造を工夫し直観的に曲の保存先が検索できるライブラリを作っていました。

その後、東芝がHDDVDから撤退することが発表され、HDDVDレコーダ TOSHIBA RD-A300を購入。Blu-rayレコーダは、常に容量不足が続き、DMR-BW930(1TB)、DMR-BW970(2TB)、DMR-BZT9000(3TB)と買い替えていきました。



オーディオ システム全体 ホームシアター ユニバーサルプレーヤー 所有機器
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました