ホームシアターの変遷(2)~フルHDとロスレスオーディオ対応~

マルチチャンネル化へ向けて:2007年~2008年

前回は初めて買ったオーディオセットの話でした。

ホームシアター オーディオ:ロスレス フルHD DLNA マルチチャンネル Playstation3 DVD-2500BT DVD-A1XVA AVP-A1HD POA-A1HD TAOC ラック MS-3

初めて導入したシステム:2006年9月 オーディオと言うかホームシアターを始めた頃から、現在(2016年6月現在)のシステムに至るまでの変遷を、大きな変化があった時期を抜粋した形で書こうと思います。2006年9月、私が初めて導入したオーデ...

今回はロスレスオーディオとフルHDへ対応した頃のシステムの話題になります。

最初に購入してから1年ほど経ち、当初から予定していたDENON AVC-A11XVの検討を開始した2007年ころには、ちょうど地デジの普及と「Blu-ray v.s. HDDVD」の次世代ディスクのシェア争いが激しい頃でした。

ホームシアター オーディオ:ロスレス フルHD DLNA マルチチャンネル Playstation3 DVD-2500BT DVD-A1XVA AVP-A1HD POA-A1HD TAOC ラック MS-3

すでにAVアンプは後継機が発表される時期となっていたので、購入を見送り後継機の発売を待つことにしました。2007年後半からフルハイビジョンとロスレスオーディオに対応していくことになります。

AVアンプが発売されるまでの間、まず手を付けたのは映像機器でした。



Blu-rayレコーダの導入

まず最初に購入したのがBlu-rayレコーダ Panasonic DMR-BW200で当時500GB HDDを搭載し、2層のBD-Rに対応したレコーダはこれだけで選択の余地はありませんでしたが、これを機にWOWOWと契約してい映画を録画しまくりました。

ホームシアター、オーディオ、Playstation3、DVD-2500BT、DVD-A1XVA、AVP-A1HD、POA-A1HD、TAOC ラック MS-3

WOWOWの画質が大きく変わってから録画をやめましたが、録り貯めた映画を保存したBlu-rayディスクは3000枚は超えていると思います。

10年以上前から始まった音楽ファイルデータベース 私が音楽ファイルを収集するようになったのは、西暦2000年頃だったと思います。当時はまだCDに収録されている音楽データを、現在のようにパソコンに取り込んで利用することが一般的ではありません...

その後、東芝がHDDVDから撤退することが発表され、HDDVDレコーダ TOSHIBA RD-A300を購入。Blu-rayレコーダは、常に容量不足が続き、DMR-BW930(1TB)、DMR-BW970(2TB)、DMR-BZT9000(3TB)と買い替えていきました。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止