テスト用ケーブルの調達~SOUNDHOUSE CLASSIC Pro RCA/XLR/Power Cable~

テスト用ケーブルの調達

少し前にノイズの計測を目的として、ハイレゾ・マスターレコーダーTEAC SD-500HRをお借りしていますが、機器から信号を録音するために、主にRCAケーブルとXLRケーブルを使っています。

オーディオ ホームシアター ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR テスト用ケーブルの調達 SOUNDHOUSE CLASSIC Pro RCA XLR Power 電源ケーブル CXX015 CRR015 PWC2 Acoustic Revive XLR-1.0 TripleC FM RCA-1.0TripleC-FM 1.4 x 1.8mm 導体仕様

ノイズの測定 私がネットワークオーディオの話の中でいろいろノイズの話を書いていたと思いますが、実際にどのくらいノイズがあって、どの対策によってどの程度ノイズ量を削減できているのか、計測する方法がありませんでした。 そ...



現状のテスト用ケーブルは高価すぎる

私が所有しているケーブルの中で、テストに使えるのは、ネットワークオーディオプレーヤーMarantz NA-11S1に使っていたAcoustic Revive XLR-1.0 TripleC FM(1.4 x 1.8mm 導体仕様)が1組。

オーディオ ホームシアター ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR テスト用ケーブルの調達 SOUNDHOUSE CLASSIC Pro RCA XLR Power 電源ケーブル CXX015 CRR015 PWC2 Acoustic Revive XLR-1.0 TripleC FM RCA-1.0TripleC-FM 1.4 x 1.8mm 導体仕様

普段はあまり使わないユニバーサルプレーヤーDENON DVD-A1XVAのステレオ再生用として使っているAcoustic Revive RCA-1.0TripleC-FM(1.4 x 1.8mm 導体仕様)が1組を取り外して使っています。

オーディオ ホームシアター ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR テスト用ケーブルの調達 SOUNDHOUSE CLASSIC Pro RCA XLR Power 電源ケーブル CXX015 CRR015 PWC2 Acoustic Revive XLR-1.0 TripleC FM RCA-1.0TripleC-FM 1.4 x 1.8mm 導体仕様

いずれも20万円近い価格のAcoustic Revive社の元フラグシップモデルですが、ぞんざいに扱うには適しませんし、テストは付け外しの機会も多いので、ケーブルを傷つけてしまうリスクを考えると、もっと気楽に扱えるケーブルが欲しいと思っていました。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link