イベントの熱に浮かされて(2)3D Blu-rayソフト購入

絶滅危惧種の3D Blu-ray

先日、移転してから初めて伺ったAVAC新宿本店にて、4K UrtraHD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーPioneer UDP-LX800のイベントへ参加してきましたが、想像以上に音が良くて、終わった後テンションが上がってしまって、いくつか余計な買い物をしてしまいました。

1つは前回書いたHDMIケーブル SAEC SH-1010

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用 SAEC SH-1010 SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続

イベントの余韻 先日、移転してから初めて伺ったAVAC新宿本店にて、4K UrtraHD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーPioneer UDP-LX800のイベントへ参加してきましたが、想像以上に良くて、終わった後テンションが上...

もう1つはBlu-rayソフトです。



3Dの違和感

時々話題にはしますが、私はさほど3Dの映画というものに魅力を感じません。良い機材をそろえ、セッティングしてあげれば映画は自然と立体感を伴た映像として感じることができます。

3D処理された映画の立体感というのは、やはりどこか誇張があったり、紙芝居や飛び出す絵本を見ているような、不自然な立体感として頭が違和感を感じていることが多く、その違和感が映画に集中する妨げになることが私にとってはデメリットになります。こういう話は以前にもスター・ウォーズ フォースの覚醒 3Dを視聴した際の記事でも書きましたし、話題に上ったころから衰退していくのも予想できたことでした。

ホームシアター 映画 Pioneer UDP-LX800 イベント スター・ウォーズ フォースの覚醒 3D グラス めがね Playstation VR 立体視 クロストーク 飛び出す絵本 アバター バイオハザードIV アフターライフ 2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルフィルム IN 3D

3D映画の質は向上しているのか? 我が家のホームシアターは限られたスペースに機器を詰め込んでいて、テレビの裏にアンプやプレーヤーが隠れているレイアウトになっていてプレーヤーがディスク交換すら腰が痛いとでません。まだ無理はできませんが、よう...

そういう誇張した演出だと思えば、受け入れられる人もいるかとは思いますが、世の中のニーズはやはり小さく、我が家のテレビSONY BRAVIA Z9Dシリーズの世代を最後にテレビには3D表示機能は搭載されなくなりました。今後VRの世界が発展していけば、より質感の高い3Dの世界を体験することができるようになるでしょう。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link