ひかりTVの「ビデオざんまいプラン」の良い点、残念な点

購入するつもりのなかったUrtra HD Blu-rayプレーヤ

少し前の記事で、Panasonic DMP-UB900を購入してレビューを書きましたが、実は私としては今年初めの時点ではPanasonicがプレーヤーを国内で発売するとは思っていませんでしたし、UrtraBlu-rayプレーヤを買うつもりもありませんでした。

ホームシアター ひかりTV 4K/HDR VOD ビデオざんまいプラン BRAVIA KJ-75X9400C DMP-UB900

UrtraHD Blu-rayのソフトもそれほど見たいものがあったわけではないので、これは見たい!というものが現れるまで静観し、今年は導入しないつもりで、4K/HDRを視聴する別の選択肢として、「ひかりTV」のVODを選びました。



4Kコンテンツを楽しむ選択肢として「ひかりTV」

以前からフレッツテレビを契約していて、スカパー4Kを見ることができていましたが、番組数がまだ少なくて、4Kコンテンツを楽しむためにはボリュームが足りませんでした。購入したSONY BRAVIA KJ-75X9400CひかりTVVODに対応していたこともあり、2016年3月に導入することにしました。

Marantz AV8802A SONY BRAVIA KJ-75X9400C Dolby Atmos DTS:X デモディスク ホームシアター 4K

SONY BRAVIA KJ-75X9400C

ひかりTVが積極的に4K/HDRのコンテンツ充実に取り組むという話に好感を持っていましたし、4K/HDRを視聴できる選択肢も少なかったので、2年契約で「ビデオざんまいプラン」を契約して、長く視聴するつもりでいました。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止