2020/3/13記事の公開で動画Youtubeのリンクが設定ミスによる公開が正常に行われていませんでした。

アイソレーション・トランスを試聴&導入~中村製作所 NSIT-200Q・改~

Acoustic Revive

特に裏面のコンセント部分、左側のアース端子部分のカバーには割れがあります。

オーディオ アイソレーショントランス 電源 中村製作所 アイソレーショントランスフォーマー NSIT-200Q FURUTECH Acoustic Revive RTP-4 absolute YTP-6R(FM) RPC-1 Power Reference-triplec DENON PMA-SX1 DCD-SA11 LUMIN X1 DELA HA-N1AH40-BK TP-LINK MC220L

新品ではないので傷がついているのは致し方ないんですが、アース端子のカバーが欠けているのは交換したいですね。コンセントの端子内を見てみましたが金色に光っています。

オーディオ アイソレーショントランス 電源 中村製作所 アイソレーショントランスフォーマー NSIT-200Q FURUTECH Acoustic Revive RTP-4 absolute YTP-6R(FM) RPC-1 Power Reference-triplec DENON PMA-SX1 DCD-SA11 LUMIN X1 DELA HA-N1AH40-BK TP-LINK MC220L

端子は仕様には「銅合金メッキ無」と記載されているようですが、黄銅ですかね?

御開帳~NSIT-200Q・改~

どうせ保証は受けられませんし、電源を入れる前に中身を確認してみましょう。カバーは上部側面にそれぞれ4本ずつ計12本のネジで固定されているだけなので、ネジを取り外せばパソコンのケースを開ける要領で後方にスライドさせれば開きます。

ケースの中は比較的余裕があって、設計的の工夫をすれば2/3くらいのサイズにはできそうです。

オーディオ アイソレーショントランス 電源 中村製作所 アイソレーショントランスフォーマー NSIT-200Q FURUTECH Acoustic Revive RTP-4 absolute YTP-6R(FM) RPC-1 Power Reference-triplec DENON PMA-SX1 DCD-SA11 LUMIN X1 DELA HA-N1AH40-BK TP-LINK MC220L

なんといっても中村製作所のアイソレーション・トランスの心臓部であるRコアはデカくてゴツい。

オーディオ アイソレーショントランス 電源 中村製作所 アイソレーショントランスフォーマー NSIT-200Q FURUTECH Acoustic Revive RTP-4 absolute YTP-6R(FM) RPC-1 Power Reference-triplec DENON PMA-SX1 DCD-SA11 LUMIN X1 DELA HA-N1AH40-BK TP-LINK MC220L

このコアが唸らないと良いんですけどね…。



Acoustic Revive 中村製作所 電源/アース/バッテリ関連
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

  1. 青フォレ より:

    音圧が上がると言うことは当たりを引きましたね。
    音がきつくなると言うことなので対策を考えて見ましょう。
    放置する。
    →3ヶ月も過ぎれば馴染んで普通になるかと。
    電源ケーブルを変えてみる。
    →バランスが変わりますよ。
    仮想アースを着けてみる。
    →見通しが良くなるかも。
    アモルメットコアを+と-に分ける。
    →磁力の関係で良くなるかも。
    インシュレーターを入れて見る。
    →木製が良いかも。
    コンセントの真ん中のネジを取る
    →バランスが変わりますよ。
    後、ネジが緩みがあるかどうか確認して下さいね。

    やはりRコアは一つなんだね。
    突き詰めていくとどれか一つになるかも。
    (電源工事をやっても有効です)

    尚、たしか出水電器のトランスはアースも繋がってますのでアース工事をすることにより更に効果が出ると思いますよ。
    (Rコアの禅トランス)

    • Hermitage より:

      青フォレさん、コメントありがとうございます。
      音がきつくなる点以外はメリットが大きいので、アドバイスいただいた内容も踏まえて何とかてなづけたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました