10/17予約公開機能の不備により公開が遅れました。

8K対応への準備(1)Marantz AV8805Aの登場と懸念

8K/4K/HDR&DolbyAtmos

8Kは必要か?

2021年2月、出水電器のオーディオ専用電源工事を行った頃に、ちょうどPlaystation5 Digital Editionの使用時間10時間未満の良品を家族から譲り受けました。2021年になっても在庫が潤沢とは言えない状況で、入手をあきらめていたのでラッキーでした。

ホームシアター AVプリアンプ Marantz AV8805A AV8802A 後継機 DAC 旭化成エレクトロニクス ESS SONY BRAVIA KJ-75Z9D 光ファイバーHDMIケーブル 相性 自宅試聴

入手をあきらめていたPlayStation5 Digital Editionを購入
棚から牡丹餅 2020年11月にPlaystation5が発売すると聞いてから、Urtra HD Blu-rayドライブ搭載型の標準モデルにするかか、ドライブレスのディスクレスモデルを買うか、いろいろ悩んではみましたが、結局どちらも競争率...

テレビを8K化するタイミング

シアタールームで使用しているディスプレイは、4K/HDR対応のSONY BRAVIA KJ-75Z9Dという当時のハイエンド液晶モデルで、2017年5月に前モデルのSONY BRAVIA KJ-75X9400Cの不具合がひどくて交換してもらったものですが、2016年モデルということもあって、HDMI端子の仕様はHDCP2.2、4K/60pまでしか対応していません。

ホームシアター AVプリアンプ Marantz AV8805A AV8802A 後継機 DAC 旭化成エレクトロニクス ESS SONY BRAVIA KJ-75Z9D 光ファイバーHDMIケーブル 相性 自宅試聴

依然として画質に不満は持っていませんが、もう導入から4年以上経過しており、モデルとしては5年前のモデル、Playstation5という8K/60pや4K/120p対応製品が導入されたことから、そろそろ8Kへの過渡期に差し掛かっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました