Pioneer UDP-LX500の仕様が一部判明~UHDBD/BD、DVDビデオ/オーディオ、SACD/CD対応ユニバーサルプレーヤー~

ユニバーサル仕様

Pioneer 4K Urtra HD Blu-rayプレーヤーの登場を思わせる、ティザーの公開が始まってから、6月13日になってようやくその姿を写真で拝むことができたPioneer UDP-LX500ですが、同時にOTOTEN Audio・Visual Festival 2018で参考出展されたので見に行きましたが、その時点では詳細な内容は不明でした。

参考出展ではあるが Pioneer 4K Urtra HD Blu-rayプレーヤーの登場を思わせる、ティザーの公開が始まってから、6月13日になってようやくその姿を写真で拝むことができたPioneer UDP-LX500ですが、同時にO...



仕様(非公式)

詳細な情報はメーカーHPでの公表を待ちたいと思いますが、以下のような仕様になっているようです。全て正確とはいえませんので予めご了承ください。

再生可能ディスク

  • UrtraHD Blu-ray/Blu-ray
  • DVDビデオ/DVDオーディオ
  • SACD/CD
  • 各種データディスク

4K UrtraHD Blu-rayには当然対応してくるとして、個人的にはSACDに対応してくるのかどうかが微妙だと思っていましたが、対応しているようですね。4K UrtraHD Blu-rayプレーヤーというよりはユニバーサルプレーヤーといっていいでしょう。

各種データディスクに対応ということですが、MQA-CDについては対応を検討中のようです。

接続端子

  • HDMI×2(セパレート出力対応)
  • アナログ出力端子(RCA)×1
  • デジタル音声出力×2(同軸/光)
  • USBタイプA×2
  • LAN×1

アナログ出力端子は、参考展示の情報どおり2chRCA端子のみなのは残念ですが、セパレート(AV分離)出力にこの価格帯で対応してくれるのは嬉しいですね。HDR10だけでなくDolbyVisionにも対応しているそうです。

LAN端子を搭載し、ファームウェアのアップデートやネットワークオーディオ再生にも対応しているようですが、動画配信サービスには未対応のようです。

対応サンプリング周波数/量子化ビット数

  • 192kHz/24bit(PCM)まで
  • 5.6MHz(DSD)まで

DACには旭化成製 AK4490が搭載されているようです。DSDが5.6MHzまでなのは少し寂しいですね。後発の上位機種に期待しましょう。

本体サイズ

  • 幅:435mm
  • 高さ:118mm
  • 奥行:337mm

幅はフルサイズで、各サイズとも前モデルと推測されるBDP-LX58とは奥行きが1mm小さくなっている程度でほぼ同サイズといっていいでしょう。

その他、テレビの表示特性に合わせて設定を変更したり、再生ソフトの解像度やフレームレート、最大輝度レベルなどの映像に関する情報や、再生されている音声フォーマットなどの情報を一覧表示する機能も備えているそうです。(レビューするときなどはわかりやすくて助かります。)

HiVi 2018年8月号にはもっと詳しい情報が掲載されてみたいです。

ぜひ一読ください。

スケジュールが見えてきた 先月HiViをみていたら、4K UrtraHD Blu-ray対応 Pioneer UDP-LX500の仕様の一部が書かれていて、ユニバーサルプレーヤーであることがわかり、搭載されている機能やDACなども明らかに...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止