10/17予約公開機能の不備により公開が遅れました。

PowerPlayが使えないPS Audio PowerPlay IPC-9000は売却か?使い途をあるか?

PS Audio

多機能なパワーコンディショナーの使い途

PS AudioPowerPlayが使える機種として、旧式のパワーコンディショナーPS Audio PowerPlay IPC-9000に白羽の矢を立てて調達してみましたところ、IPアドレスが固定設定されており、家庭内LANやインターネットへの接続に苦戦しました。

ホームシアター ピュアオーディオ 出水電器 オーディオ専用電源工事 分電盤 EO-01 電源 ノイズ 計測 クリーン電源 PS Audio Power Plant Premier DirectStream P20 P15 P12 Perfectwave P10 P5 P3 P1000 P500 P300 AV Power Centers AV-5000 AV-3000 %THD Powerplay 9000 8000 8500 初期化 固定IPアドレス DHCP

やっとインターネットへの接続が確認できた後、メーカーに問い合わせをしてみましたが、どうやら最新のファームウェアにしても2020年にリニューアルされたPowerPlayには接続できないようです。

ホームシアター ピュアオーディオ 出水電器 オーディオ専用電源工事 分電盤 EO-01 電源 ノイズ 計測 クリーン電源 PS Audio Power Plant Premier DirectStream P20 P15 P12 Perfectwave P10 P5 P3 P1000 P500 P300 AV Power Centers AV-5000 AV-3000 %THD Powerplay 9000 8000 8500 初期化 固定IPアドレス DHCP

PS Audio PowerPlay IPC-9000を調達(7)SDカードでファームウェアのアップデート
踏んだり蹴ったりのファームウェアアップデート PS AudioのPowerPlayが使える機種として、旧式のパワーコンディショナーPS Audio PowerPlay IPC-9000に白羽の矢を立てて調達してみましたところ、IPアドレス...

もしPowerPlayが使えていたら、リジェネレータ方式に比べてパワーコンディショナーはノイズの発生も低いのでオーディオルームで長期間の計測を任せるつもりでした。古い機種ですから、現在のPowerPlayがサポートできなくても仕方ありませんが、計測器として使うつもりだったPowerPlay IPC-9000の処遇をどうするかを検討しなくてはいけません。

売却も1つの方法

PowerPlay IPC-9000は日本での販売はなかった製品で120V仕様となっていますが、入力した電圧をそのまま出力するので、日本の100Vで使っても基本的には支障はなさそうです。

アメリカ本国では1499.99$という販売価格が設定されていたようですが、もし100V仕様のものが国内で販売されていたら20万円弱程度だったかもしれません。海外では7~9万円程度で取引されているようなので、売却するという手もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました