数日(3/25-28)にわたり予約投稿の失敗、記事の消失が発生したため復元しました。

壁コンセント再交換(1)FURUTECH 104-Dの購入

Acoustic Revive

壁コンセントとベースについては検討中ですが、予定通り行ったとしてもコンセントカバーは別途手配が必要ということで、某量販店の商品券の期限が迫っていたことからコンセントカバーを購入しに行きました。

欲しかったのはFURUTECH 105-D NCFだったんですが、すでに販売終息していたことを知らず…。

結局、FURUTECH 104-Dを購入することにしました。

FURUTECH 104-D

まずはその特徴や仕様などをメーカーHP(“http://www.furutech.com/ja/”)などから引用抜粋して確認してみましょう。

 

特徴

ステンレスベースにカーボン+グラスファイバー制振素材の美しい仕上げとハイブリット構造により振動抑制効果を実現。

仕様

  • 材質・素材:ステンレス+グラスファイバー+カーボンファイバー採用
  • サイズ: 71.8 × 116.2 mm ± 0.2mm (t:2.3mm ±0.1mm)
  • 取付ステンレスネジ付属:ネジサイズ/# M4×12mm(L)&#8-32X12mm(L)

※FURUTECH αプロセス処理(-196℃での超低温処理&特殊電磁界処理)を施してます。

NCFではないけど

ベースは現在使っている102-Dと同じくステンレスで、ステンレスのみだと鳴りがでそうですが、グラスファイバーとカーボンファイバーとの複合材とすることで軽くて強度があり、振動や電磁波などにも強そうな組み合わせになっています。

また価格についても、素材の割には比較的安価ですし、手持ちの商品券の消費を考えると価格的に最適でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました