2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

FURUTECH

FURUTECH

FURUTECH 105.1 NCFの購入(3)交換と試聴~響きの違いが音に現れる~

響きの違いは音に現れるか? FURUTECHから発売されている製品には素材にNCFを含有した製品を数多くありますが、コンセントカバーとしては3種類が発売されており、すでに入手済みだった初代の105-D NCF、第3世代目(最新)の106-...
FURUTECH

FURUTECH 105.1 NCFの購入(2)105-D NCFと106-D NCFとの3者比較※響きの違い動画付き

響きの違いは音の違い オーディオアクセサリの中でも非常に気に入っているアクセサリにNCF(Nano Crystal² Formula)を配合したアクセサリがあります。FURUTECHとAcoustic Reviveが共同開発した素材で、主...
FURUTECH

FURUTECH 105.1 NCFの購入(1)希少な未使用品を確保ーーー!

金属ベースを使わないコンセントカバー Acoustic Revive製の電源ケーブルPOWER REFERENCE-TripleCに使われているFURUTECH FI-50 NCF(R)/FI-50M NCF(R)を皮切りにNCFを配合し...
FURUTECH

断捨離~2020年5月に処分したもの、導入したもの(1)導入編

断捨離継続 2017年1月に溜め込んでいた死蔵品を一気に処分することを始めてから、毎月不要なものを見つけては処分するようにしています。溜め込んでしまって旬を過ぎてしまわないように、すぐに処分する癖をつけておくことも大切ですし、ブログに書く...
Acoustic Revive

オーディオルームの電源タップ用電源ケーブルAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleCのプラグ違いに変更

プラグをNCFに変更 2019年からオーディオルームの電源ケーブル単線化を進める中で、愛用しているAcoustic Revive製の電源ケーブルの最新最高峰のケーブルAcoustic Revive absolute-POWER CORDを...
Acoustic Revive

FURUTECH 106-D NCFの試聴~予想外の変化、見た目に近い印象~

見た目の印象と似ている音 オーディオルーム、シアタールームで使っているFURUTECH 105-D NCFを購入時に、検討をしていた後継上位モデルのFURUTECH 106-D NCFを購入してみました。 105-D...
Acoustic Revive

FURUTECH 106-D NCFの購入~ステンレスベースとNCF~

ステンレスとNCF 我が家のオーディオシステムやシアターシステムには数多くのNCF素材を使ったアクセサリがあり、背景が沈み込んだ黒のようになる静寂感が好んで使っています。 NCFを使ったアクセサリは、最初は電源ケーブルのプラ...
Acoustic Revive

断捨離~2020年4月に処分したもの、導入したもの

断捨離継続 2017年1月に溜め込んでいた死蔵品を一気に処分することを始めてから、毎月不要なものを見つけては処分するようにしています。溜め込んでしまって旬を過ぎてしまわないように、すぐに処分する癖をつけておくことも大切ですし、ブログに書く...
Acoustic Revive

Acoustic Revive absolute-POWER CORDを中村製作所NSIT-200Qに試す~出川式MDユニットの有無の差~

音色の変化 オーディオルームにおける電源環境の整備を2019年から続けていますが、ノイズに強い単線を好んで使っており、オーディオルームの電源ケーブル単線化を進める中で、愛用しているAcoustic Revive製の電源ケーブルの最新最高峰...
Acoustic Revive

FURUTECH NCF Booster Signal-Lの組み立てと試聴~向きを変えて2列まとめて支える~

NCFトレイン アイソレーション・トランス 中村製作所 NSIT-200Qに接続しているプリメインアンプDENON PMA-SX1やネットワークオーディオプレーヤー LUMIN X1などへの電源供給ケーブルが、自重などによってプラグが緩ん...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました