2019/11/3ブログをリニューアルしました!

電源ケーブルの単線化(3)DENON DVD-A1XVAとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

Acoustic Revive

POWER REFERENCE化第1弾

交換可能な電源ケーブルをノイズに強い単線化するというテストを行うために、Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)を4本用意しました。

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G)

電源ケーブルの単線化(2)電源ケーブルの交換手順
現在使用中の電源ケーブルを交換可能なものは全て単線化したいと、切り売りのAcoustic Revive EE/F-2.6TripleCを考えていましたが、POWER REFERENCE-TripleCなら10年近く固定してきた土台となる主要機器の電源ケーブルとして使えるかもしれないと、まとめてテストすることにしました。

これまで、システムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という海外でしか販売されていない単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)に変更して、全体のバランスに問題が生じないか慎重に見極めていくことにしました。

今回の交換対象は以下の5か所となります。

  1. DENON DVD-A1XVA
  2. Panasonic DMP-UB900
  3. Marantz AV8802A
  4. Chikuma Complete-4 II
  5. DENON POA-A1HD

変化を見極めるのに、全体に影響するアンプ類から交換してしまうと、プレーヤー個別の反応が分かりにくくなるので、プレーヤー側から上記の順番で変更していきます。

DVD-A1XVAの電源ケーブル交換

まずはDENON DVD-A1XVAです。購入したのは2006年私が最初に購入した本格的なプレーヤーです。

ホームシアターの変遷(1)~初めて買ったオーディオシステムとの邂逅~
ホームシアターを始めた頃から、現在(2016年6月現在)のシステムに至るまでの変遷を、大きな変化があった時期を抜粋した形で書こうと思います。2006年9月、私が初めて導入したオーディオシステムはこんな構成でした。発端は2003年にパソコン雑誌の「プロジェクタ プレゼント1名様」に対し、応募したのがキッカケでした。

一度知り合いに譲ったものの2017年初めにDENON DVD-A1UDを譲った際に、再び我が家に戻ってきたプレーヤーで、スピーカーと合わせて最古参の機器ですね。

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G)

DENON DVD-A1XVA奪還作戦~知り合いのシステム変更~
先日、私が2006年に始めてハイエンドオーディオ機器を購入した際に、使っていたDENON DVD-A1XVAを知り合いから買い戻すことにした事を書きました。知り合いのシステムは当初オーディオシステムとして導入しましたが、テレビ視聴時に使うことが多くAVシステムへの変更を望んでいたので、今回システムの変更をすることに…

使用頻度はとても少なくて、たまにオフ会などでCDを試聴する際に使用する程度ですが、古くてもフラグシップの実力は伊達ではなく、大して手を加えなくても品位ある音を奏でてくれるプレーヤーです。



Acoustic ReviveAudioQuestChikumaFURUTECHオーディオ&シアターユニバーサルプレーヤー電源/アース/バッテリ関連
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました