ELIIY POWER Power YIILE 3が実力を発揮する条件を探る@F邸訪問記(後編)

本当にPower YIILE 3はダメなのか?

Nyans邸で視聴させていただいた家庭用蓄電池システムELIIY POWER Power YIILE3を、F邸へ運び入れ、電源整合機 Voltampere GPC-TQを経由してシステムを駆動させてみました。

ホームシアター オフ会 ELIIY POWER Power YIILE 3 Voltampere GPC-TQ 電源整合機 トランス 唸り 低周波 高周波 SONY BRAVIA KJ-75X8500E MARANTZ AV8805 PIONEER UDP-LX800 KLARK TEKNIK DN370 ROTEL RB-1592SE RB-1582MK2S YAMAHA MX-A5000 TANNOY Kensington/GR Black ST-300Mg Precision 6.2 WL FOCAL DOME Pack2.0 ECLIPSE TD725SWMK2 マーラー 交響曲第2番『復活』 リッカルド・シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団 STROMTANK KOJO TECHNOLOGY Forcebar H1P

Power YIILE 3はNyans邸からF邸へ オフ会の記事としては異例の長期連載となった3度目Nyans邸の訪問記(全6回)でしたが、その初回に登場した家庭用蓄電池システムELIIY POWER Power YIILE3は、Nyan...

予想はしていましたが、GPC-TQからは「ぶ~ん」という低周波の唸りと、「ピー」という高周波音が聞こえ、視聴の邪魔になるくらいいやな音がしていました。

ホームシアター オフ会 ELIIY POWER Power YIILE 3 Voltampere GPC-TQ 電源整合機 トランス 唸り 低周波 高周波 SONY BRAVIA KJ-75X8500E MARANTZ AV8805 PIONEER UDP-LX800 KLARK TEKNIK DN370 ROTEL RB-1592SE RB-1582MK2S YAMAHA MX-A5000 TANNOY Kensington/GR Black ST-300Mg Precision 6.2 WL FOCAL DOME Pack2.0 ECLIPSE TD725SWMK2 マーラー 交響曲第2番『復活』 リッカルド・シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団 STROMTANK KOJO TECHNOLOGY Forcebar H1P

このままではまともに使うことはできませんので、どういう条件なら、この環境でよい効果が得られるのか、Nyansさんの経験を踏まえた上で、いろいろと接続を変更しながら試行錯誤することになりました。



消費電力と突入電流

F邸は我が家のシアタールームよりおそらく消費電力は高いと思われます。

ホームシアター オフ会 ELIIY POWER Power YIILE 3 Voltampere GPC-TQ 電源整合機 トランス 唸り 低周波 高周波 SONY BRAVIA KJ-75X8500E MARANTZ AV8805 PIONEER UDP-LX800 KLARK TEKNIK DN370 ROTEL RB-1592SE RB-1582MK2S YAMAHA MX-A5000 TANNOY Kensington/GR Black ST-300Mg Precision 6.2 WL FOCAL DOME Pack2.0 ECLIPSE TD725SWMK2 マーラー 交響曲第2番『復活』 リッカルド・シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団 STROMTANK KOJO TECHNOLOGY Forcebar H1P

というのもフロントスピーカーはROTEL RB-1592SEを2台使ってのバイアンプ駆動、サラウンドはROTEL RB-1582MK2S、その他のサテライトスピーカーとトップスピーカーはYAMAHA MX-A5000で駆動させていて、その司令塔としてMarantz AV8805がAVプリアンプとして動作しますのでアンプだけで5台動作します。

消費電力は以下のとおりです。

  • Marantz AV8805:90W
  • ROTEL RB-1592SE:800W
  • ROTEL RB-1582MK2S:550W
  • YAMAHA MX-A5000:650W

その中でもROTELのパワーアンプ3台は消費電力に加えて、電源ON時の突入電流が結構大きいようで、すべての機器をつないでサラウンドスピーカー用のRB-1582MK2Sを最後に電源を入れたところで、バツン!と音を立ててPower YIILE 3がバッテリモードから解除され、通常の家庭用電力供給へと移行してしまいます。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. 青フォレ より:

    はじめまして青フォレと申します。
    某電器の試聴会に例のバッテリーを聴いてきました。
    CDとアンプを入れた感じだとやはりイマイチで他に無いかなとトランスが合ったので繋いでみたら唸りが酷くて残念な感じでした。
    まあ強いてみればプレーヤーが適当かなと思います。
    まあ、そのバッテリーはオーディオ用と書いてあるわけ無いのでこんなもんかなと。
    また、個人的トヨタが全固体バッテリーが出て来ないとなんとも言えないね。
    (音が安定するはず)
    あとリチュウムイオンバッテリーの価格が下がるからいろいろ探してオーディオ用として造れるかなと思います。
    (オーディオメーカーが専用バッテリーを用意すれば話が変わりますが)

    • Hermitage Hermitage より:

      青フォレさん、コメントありがとうございます。
      オーディオ向けに作られていない以上、メーカーに文句は言えません。
      しかし、これをオーディオ用として販売している業者の方は信用を失ってしまわないかと心配になりますね。
      その内オーディオメーカーがチューンアップした手の届く価格の製品が出てくるといいですね。