断捨離~2019年1月に処分したもの、導入したもの(2)処分編

2019年1月に処分したもの

2019年1月は今後の活動のために先行投資と考えて本当にさまざまなものを導入しました。オーディオルームに必要なSACDプレーヤーDENON DCD-SA11やスピーカースタンドBowers & Wilkins FS-CDM、スピーカーケーブルAcoustic Revive SPC-REFERENCE-TripleC&RYG-1、クリーン電源PS Audio Power Plant Premier、各部屋のドアにはDAIKEN 防音ドア アドバンス(A)防音タイプ、VR環境のためのゲーム機やソフト、執筆環境に必要な(ゲーミング)パソコンデスク…。

ホームシアター オーディオ ゲーム 断捨離 HDMIケーブル DENON DVD-A1XVA AK-H150XV Panasonic DIGA DMR-BRT1030 エイム電子 AVC-FL01 ネットブックASUS EeePC PC701SD Lenovo ヘッドセット P950

断捨離継続 2017年1月に溜め込んでいた死蔵品を一気に処分することを始めてから、毎月不要なものを見つけては処分するようにしています。溜め込んでしまって旬を過ぎてしまわないように、すぐに処分する癖をつけておくことも大切ですし、ブログに書く...

後編はこうした機器たちの導入に伴って、役目を終えたもの処分についてです。



AV機器

まずは処分したAV機器から見ていきましょう。

DENON DVD-A1XVA

銘機といっていいでしょう、フラグシップユニバーサルプレーヤーDENON DVD-A1XVAです。DENON DCD-SA11を導入したことを受けて、必要がなくなり処分することにしました。購入してから12年経過しましたが、マルチチャンネルSACD再生が可能な高品質プレーヤーは選択肢が少なく、長らく愛用してきましたが役目を終えました。

ホームシアター オーディオ ゲーム 断捨離 HDMIケーブル DENON DVD-A1XVA AK-H150XV Panasonic DIGA DMR-BRT1030 エイム電子 AVC-FL01 ネットブックASUS EeePC PC701SD Lenovo ヘッドセット P950

昨年、4K UrtraHD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーPioneer UDP-LX800を導入したことで、マルチチャンネルSACD再生プレーヤーの確保にも目処が立ったことも処分の後押しとなりました。

シミュレーション不足 先日ついに届いた4K UrtraHD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーPioneer UDP-LX800ですが、11月下旬と聞いていたので、突然の到着に心の準備も、ラックの設置シミュレーションすらできていなか...

同時代のDCD-SA11と比較すると、映像処理部分がない専用プレーヤーの方がステレオ再生で優位なのは間違いないですね。長い間よく働いてくれました、お疲れ様。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link