2020/2/6記事の公開設定をミスして公開が定時にできていませんでした、残念

FX-08miniに少しだけ制振シートを追加

Planex FX-08mini

現在のネットワークオーディオ用ネットワーク

現在、ネットワークオーディオ用に構築しているネットワークは下図のようになっています。

ネットワークオーディオ NAS planex FX-08mini 電磁波対策 電磁波吸収シート オヤイデ fo.Q

通常のパソコンなどが接続されているネットワークとネットワークオーディオ用ネットワークをルータ(YAMAHA RTX1100)でネットワークを別のアドレス帯として分離し、ネットワークオーディオ環境への不要なパケット削減し、さらにシアタールームへ光メディアコンバータを使って、電気的にも隔離してネットワークオーディオを再生できる環境になっています。

オーディオ専用ネットワーク構築記
今まで、ネットワークオーディオは家庭内LANの一部として運用されていました。ネットワークオーディオ用のスイッチングハブを用意して、それなりの対策は取っているつもりでしたが…。ここでは、私がネットワークオーディオを家庭内LANから分離した専用ネットワークを作るまでの過程をまとめておきます。

先日、IODATA RockDisk for audioQNAP TS-119には電磁波吸収シートOYAIDE MWA-030Sや制振シートfo.Q TA-102を貼っていく様子を記事にしました。

RockDisk for audioを分解~換装などの参考に~
IODATA RockDisk for Audioiconを購入して数週間、RockDisk for Audioiconのケースの開け方がわかりませんでしたが、発売当時の紹介写真をよく見直すと、分解できそうだという結論に達しましたので分解してみることにしました。
QNAP TS-119にも電磁波対策~電磁波吸収シートOYAIDE MWA-030S~
ネットワークオーディオ専用ネットワークに接続されている2つのNASは両方ともしっかり電磁波やノイズ対策されている方が望ましいと判断して、QNAP TS-119の基板にもRockDisk for audio同様の電磁波対策をすることにしました。

上記のNASへの対策のほかに、シアタールームでネットワークオーディオ用にNAS(TS-119RockDisk for audio)とプレーヤー(Marantz NA-11S1)を直接接続しているスイッチングハブPLANEX FX-08mini についてはすでに少しカスタマイズしてあります。

FX-08miniの変更前と変更後

外装の天板には制振シートfo.Q TA-102を貼り付け、内部のチップなどの上には電磁波吸収シートOYAIDE MWA-030Sが貼っていあります。ここにさらに制振シートを追加することにしました。

ネットワークオーディオ NAS planex FX-08mini 電磁波対策 電磁波吸収シート オヤイデ fo.Q



Planex FX-08mini ネットワークオーディオ
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました