光メディアコンバータとケーブルの選び方・改

Hobbes – HME2-1000SX/SC550製品仕様

  • 対応規格:IEEE802.3ab 1000BASE-T、IEEE802.3z 1000BASE-SX/LX
  • UTPポート:RJ-45×1、オートMDI/MDI-X切替、CAT5e以上LANケーブル、最長接続距離100m
  • 付属品:本体、ACアダプター(PSE対応)、日本語マニュアル、保証書
  • 本体寸法/重量:80.3mm (W) x 109.2mm (D) x 23.8mm (H) /150g
  • 電源:外部ACアダプタ利用、12VDC 0.2A
  • 消費電力:最大2.4W
  • 動作温度:0℃~45℃
  • 保存温度:-10℃~70℃
  • 湿度:10%~90% (結露しないこと)
  • 放射基準:CE, FCC Part15 Class A, VCCI Class A

対応光ファイバーケーブル

  • ファイバー種類:GIマルチモード2芯
  • ファイバー接続距離:550m(50/125)
  • 波長:850nm
  • コネクター:SC
  • 光バジェット:7.5dB

対応光ケーブルには、「GIマルチモード2芯」、「(50/125)」、「コネクター:SC」といった情報が記載されています。これは、「SCコネクタのついたマルチモードファイバー(GI50/125))2本を対(2芯)にして使いますよ」という意味です。



LANケーブルの速度の問題

上記の仕様でもう1つ問題になるのはLANケーブルを接続するRJ-45端子です。いわゆるLANコネクタのことですが、対応規格には「IEEE802.3ab 1000BASE-T、IEEE802.3z 1000BASE-SX/LX」と記載されていますが、良く見ると100BASE-T100BASE-TXはありません。

高速で通信するものがLAN側で減速すると渋滞が起こりますから、光ファイバーケーブル側が1GbpsならLANケーブル側に接続する機器も1Gbps対応、光ファイバーケーブル側が100Mbps対応なら、LANケーブル側に接続する機器も100Mbps対応でなければいけないということです。

私が使っているような古いスイッチングハブ(Planex FX-08mini)を使っている場合は1Gbps対応の光メディアコンバータだと速度がマッチングできずに接続できないので、一度1Gbps対応のスイッチングハブで速度を変換して渡すしかなくなります。

ですから私は1Gbps対応のHME2-1000SX/SC550という1Gbps対応の光メディアコンバータを使っていたときは以下のように接続していました。

HME2-1000SX/SC550━NetGear GS105E━FX-08mini─NAS&Player

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

光メディアコンバータでは1Gbpsで通信し、受け取ったGS105Eが100Mbpsに減速して、FX-08miniへ渡すというひと手間が余計にかかっています。

その後、サンワサプライ EC-202Cという100Mbps対応の光メディアコンバータに変更し、以下のようにシンプルに接続できています。(1台減っているのが写真で分かります。)

EC-202C━FX-08mini─NAS&Player

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m オーディオ リフォーム 壁コンセント 電源 壁コンセント FURUTECH FP-15A(R)N1 102-D 102-J Panasonic WN1318K Marantz PM-14S1 ALR JORDAN Entry Si Sonus faber Chameleon T SOtM SOtM sNH-10Gで光LAN通信をすぐに体験しようキャンペーン sNH-10G LUMIN X1 TP-LINK MC220L TL-SM311LS 9/125 μm Single-mode

光メディアコンバータも100Mbpsで通信できているので、直接FX-08miniに渡せるというわけです。この場合1Gbps対応のスイッチングハブでも100BASE-T/TXに対応しているのが普通なので通信は可能です。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. dekuta より:

    Hermitage様
    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    この記事のご紹介を元に、正月休みの期間中に光メディアコンバーターを試してみました。lmc100と勘違いしてmmc100を購入しましたが、しっかりデータが通ってくれて助かりました。
    音は、良くなりました。楽器の前後感がわかる、今まで聴こえてなかった音が聴こえる…ノイズが減る効果なのだろうと思います。
    これはいい!ともう一組購入してNAS-ハブにもつなぎ楽しんでいます。
    ありがとうございました。これからも貴重な体験知見をご紹介ください。よろしくお願いいたします。

    • Hermitage Hermitage より:

      dekutaさん、コメントありがとうございます。
      間違って購入されてしまったようですが、無事接続できてよかったですね。お役に立てたようでうれしいです。
      LANは家中に張り巡らされたアンテナのようなものなので自然とノイズを集めてしまいますが、一度光信号に変換してあげることでその影響を遮断することができます。
      もっと光ファイバー接続が簡単に使える機器が出てきてオーディオ用途に普及していってくれるといいですね。