2019/11/3ブログをリニューアルしました!

DELAをノイズフィルタ付電源タップへ収容換え~KRIPTON PB-200~

Acoustic Revive

DELAはノイズ源

DELAは電源インレットにTDKのノイズフィルタが使われていますが、各種アクセサリの反応を見るためには素の状態に近い方が分かりやすいと考えて、導入以来ノイズフィルタのついていない電源タップChikuma DMT-230Bに接続してテストをしてきました。

ネットワークオーディオ バッファロー BUFFALO MELCO SYNCRETS INC. メルコシンクレッツ株式会社 NAS ハイレゾ対応デジタルミュージックライブラリ DELA HA-N1AH40 HA-N1AH40/2 モニター募集 応募用件 条件 概要 75000円 申し込み方法 紹介 ユーザーレポート レビュー 開梱 外観 購入 到着 ノイズ対策 振動対策 ノイズフィルタ 制震 Acoustic Revive RUT-1 RLT-1 KRIPTON PB-200 PB-222 ノイズフィルタ

DELA N1Aの試聴レビュー~ファーストインプレッション~
先日、到着したモニター評価機のDELAですが、設置をした後、ファイルの取り込み方を検討した結果、ネットワーク経由での取り込みとなりました。かなり時間がかかりましたが、データの取り込みも完了したので、DELA N1Aの音とこれまで使ってきたNAS IODATA RockDisk for audioと比較してみます。

以前ある人にDELAはスイッチング電源由来のノイズをまき散らすのでノイズフィルタ付き電源タップに接続した方がいいですよとアドバイスを受けたことがあり、ある程度のテストが終わった段階で移動するつもりでいました。

DELA N1Aにノイズフィルターをテスト(4)USBターミネータの重ねがけと相乗効果
Acoustic Revive RUT-1を使って、2ポート、3ポート、4ポートと接続する数を増やしていった時、その組み合わせが生きるのか、相互に悪影響を及ぼすのか、傾向はあるのか、を実験してみようと思い、手元にあるRUT-1では足りないので、貸し出しサービスを利用してRUT-1とRLT-1をお借りしてみました。

ノイズフィルタの4種テストも終わり、およその効果が分かったので、そろそろ良いタイミングかなと思い、DELAをノイズフィルタ付きの電源タップKRIPTON PB-200に収容変更をすることにしました。

KRIPTON PB-200

KRIPTON PB-200には以下のような特徴があります。

ネットワークオーディオ バッファロー BUFFALO MELCO SYNCRETS INC. メルコシンクレッツ株式会社 NAS ハイレゾ対応デジタルミュージックライブラリ DELA HA-N1AH40 HA-N1AH40/2 モニター募集 応募用件 条件 概要 75000円 申し込み方法 紹介 ユーザーレポート レビュー 開梱 外観 購入 到着 ノイズ対策 振動対策 ノイズフィルタ 制震 Acoustic Revive RUT-1 RLT-1 KRIPTON PB-200 PB-222 ノイズフィルタ

  • 特殊磁性体センダスト・トロイダルチョークコイルのノイズフィルタ回路を搭載
  • 真鍮製コンタクトの埋め込みダブルコンセントを6口
  • 内部配線には2.4φ極太OFC内部配線を採用。
  • 強度を増強した特殊磁性体複合ケースによって電磁波ノイズ、電解ノイズを吸収
  • ACインレットにはロジウムメッキを採用

現在は後継機としてKRIPTON PB-222が販売されていますが、この中でも私が重宝しているのが、特殊磁性体センダスト・トロイダルチョークコイルのノイズフィルタ回路で、家庭内の飛び込みノイズ、入力電流の高周波ノイズなどを除去することが可能です。

これを購入した当初はメインの電源タップとして使用していましたが、Chikuma DMT-230Bやその後に導入したChikuma Complete-4 IIというタップにその座を奪われ、今ではノイズフィルタ機能を生かして、USBHDDなどのACアダプタを搭載した機器やゲーム機などの電源供給に使うことで、システム全体の音質に寄与しています。

今回のDELAのようなスイッチング電源を使用している機器にはうってつけというわけです。



Acoustic ReviveChikumaDELAネットワークオーディオパソコン関連電源/アース/バッテリ関連
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました