9/14予約公開機能の不備により公開が遅れました。

電源ケーブルの単線化(2)電源ケーブルの交換手順

Acoustic Revive

Marantz AV8802A

NRG-5→POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD)

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G)

同じくPOWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)を使います。全ての中心といっていい機器なので、色づけは極力控えてコンサバティブな選択をします。

CHIKUMA Complete-4 II

POWER REFERENCE-TripleC(004)→POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD)

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G)

POWER REFERENCE-TripleCOYAIDEP-004C-004を取り付けたケーブルからPOWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)(2m)に交換します。前者の方が高価ですが、ロジウムメッキには多少色が付くので土台の色を極力消すためです。加えて長さが2mあるので、こちらの方が都合が良いのです。

DENON POA-A1HD

EE/F-2.6TripleC(004)→POWER REFERENCE-TripleC(004)

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G)

Complete-4 IIから取り外したPOWER REFERENCE-TripleCOYAIDEP-004C-004を取り付けたケーブルを使います。線材が変わっただけでプラグは同じ仕様ですね。

音を決める最重要ポイントなので、ロジウムメッキのプラグを使うことは少し悩みました。実際にやってみないとわかりませんが、従来のイメージをそのまま引き継ぎたかったので、この選択にしました。

交換後のイメージ

交換後はこうなるはずです。※赤字が変更になる部分

THE J-1 PROJECT JPCK2-15R+J1C15UL+POBK-1 
│(POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD))
CHIKUMA Complete-4 II
⇒ (POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD)) ⇒ DENON DVD-A1XVA

⇒ (POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD)) ⇒ Marantz AV8802A
⇒ (POWER REFERENCE-TripleC(初期型)(1.5m)) ⇒ Marantz NA-11S1
⇒ (POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD)) ⇒ Panasonic DMP-UB900

OYAIDE R1 Belilium+WPC-Z
⇒ (POWER REFERENCE-TripleC(004)(1.1m)) ⇒ DENON POA-A1HD

さて、うまくいくといいんですが…。

電源ケーブルの単線化(3)DENON DVD-A1XVAとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC
POWER REFERENCE化第1弾 交換可能な電源ケーブルをノイズに強い単線化するというテストを行うために、Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)を4本用意しました。 ...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました