2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

ACOUSTIC REVIVE LANケーブル「R-AL1」レビュー~LAN周辺をリニューアル~

ネットワークオーディオ ACOUSTIC REVIVE LANケーブル LAN1.0 Triple-C LANターミネーター RUT-1 USBターミネーター RUT-1 Manantz NA-11S1 AV8802A Panasonic DMP-UB900 FX-08mini PlanexAcoustic Revive

ACOUSTIC REVIVE貸出しサービス

LANケーブル2本の検討をして、次はLANターミネーター ACOUSTIC REVIVE RLT-1をと思いましたが、先日購入の検討を行ったACOUSTIC REVIVE R-AL1について、ぜひ一度聞いてみたいと思いました。

ネットワークオーディオ ACOUSTIC REVIVE LANケーブル R-AL-1 リニューアル Rock oN Company PC-Triple-C PANDUIT レビュー 傾向 違い

ACOUSTIC REVIVE LANケーブル「R-AL1」を検討~LAN周辺をリニューアル~
現在、私はネットワークオーディオ用のLANケーブルについては、ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PA(1.0m)をメインに使っていて音の傾向は気に入っていて、後継ケーブルを候補に考えています。後継ラインナップはLAN-1.0PA Triple-Cと、もう1つR-AL1というケーブルがあることを知りました。

ACOUSTIC REVIVEのHPには貸し出しサービスがあったので、R-AL1についてお借りして聞いてみることにしました。

Rental Request | Acoustic Revive
Acoustic Reviveの製品を体験してみませんか? ACOUSTIC REVIVEはお客様の期待を裏切る可能性を極力無くしたい。そうした思いから、弊社のアクセサリー全製品の無料貸し出しを実施しております。

LAN1.0PAとの違い

メーカーのHPなどから特徴を抜粋すると前モデルLAN-1.0PAと廉価版R-AL1との間には共通点が多くみられます。

ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PAの特徴

  • PCOCC-Aを採用
  • 絶縁材にテフロンを採用
  • シールドには銅箔を使用
  • シースには比誘電率に優れたPT樹脂
  • LAN端子は金メッキ
  • トルマリン含浸樹脂でモールドし静電気を除去

ACOUSTIC REVIVE R-AL1の特徴

  • PC-TripleCを新たに採用
  • 絶縁材にテフロンを採用
  • シールドには銅箔を使用
  • PANDUIT製金メッキプラグを採用
  • シースには比誘電率に優れたトルマリン含浸のポリエチレンを採用

両者の共通点と違い

両者には端子部分のモールドの差などはあるものの類似点が多く、大きく異なるのはその導体の素材ではないかと思います。この2つのケーブルを聴き比べることでPCCOC-APC-Triple-Cの導体の違いを聞き比べられるのではないかと考えて、PC-Triple-Cの傾向を知るためにお借りしてみました。

とりあえずお借りした商品を見てみることにしましょう。

ACOUSTIC REVIVE R-AL1

ACOUSTIC REVIVE製品の箱って感じですね、いつもこの箱のイメージです。2本お借りしたので2本と書いたシールが貼ってあります。

ネットワークオーディオ ACOUSTIC REVIVE LANケーブル R-AL-1 リニューアル Rock oN Company PC-Triple-C PANDUIT レビュー 傾向 違い

中を開けると袋に入っています、こちらも2本と書いてありますね。

ネットワークオーディオ ACOUSTIC REVIVE LANケーブル R-AL-1 リニューアル Rock oN Company PC-Triple-C PANDUIT レビュー 傾向 違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました