Sponsored Link

RockDisk for audio(1TBHDD)がアウトレットで安くなってる…(泣)

値下げラッシュ?

先日、IODATA RockDisk for audioが値下げされてショックを受けました。

RockDisk for Audioが値下げ発表でショック…
12月から価格改定 IODATAのオーディオ向けNAS「RockDisk for audio」の2つのモデルの価格が改定されたそうです。 2TB HDDモデル HLS-C2.0HF改定前価格:24,980円(税込) ...

2TB HDDモデル HLS-C2.0HF

改定前価格:24,980円→改定後価格:22,980円(税込)

500GB SSDモデル HLS-C500SHF

改定前価格:49,800円改定後価格:39,800円(税込)



1TBモデルは販売終息?

最近RockDisk for Audio 1TBHDDモデル HLS-C1.0HFが、ネット上の販売店から消えているようです。しかし、プレミアムアウトレット価格で定価22,384円(税込)のものが、期間限定で送料込み17,980円(税込)で販売されています。

【送料無料】IO DATA 「RockDisk for Audio」 HLS-C1.0HF プレミアム・アウトレット

改造すれば…

一般的なNASとハードウェア的に大きな差がないこのRockDisk for audioは一番大きな違いはオーディオ用として評価の高いサーバーアプリ「Twonkey Server」が搭載されている点だと思います。

ACアダプターをアナログ電源に変更したり、自分で分解して、電磁波対策や振動対策をすると、音の印象はガラッと変わりました。

RockDisk for audioを分解~換装などの参考に~
RockDisk for audioを分解したい IODATA RockDisk for audioを購入して数週間、振動のコントロールが音に影響を与えると思われるので中身のHDDの緩衝材やネジなどを変えて音をコントロールしたいと考え始め...
分解したRockdisk for Audioを改造(1)USB端子にキャップ、ネジ交換
分解したRockDisk for audio 先日分解に成功したIODATA RockDisk for audioですが、少しずつ手を加えていくことにしました。ケースをあけようといろいろ格闘している間に多少傷がついてしまっ...
分解したRockdisk for Audioを改造(2)電磁波吸収シートOYAIDE MWA-030S
影響を受けやすい印象のRockDisk for audio 先日分解に成功したIODATA RockDisk for audioですが、お試し的にUSBキャップに制振シートと電磁波吸収シートを貼ったものを隠れていたUSB端子に装着し、HD...
RockDisk for audioの改造(3)EVA-Umini
RockDisk for audioのUSB端子 IODATA RockDisk for audioのメイン基盤を中心に電磁波吸収シートを貼り付けて、電磁波対策をして見ました。結果は良好でしたが、以前から注目しているRoc...
RockDisk for audioの改造(4)AudioQuest JitterbugとEVA-Umini
AudioQuest JITTERBUGのテスト 前回IODATA RockDisk for audioにテストしてみたMISTRAL EVA-Uminiは効果が一長一短だったこともあり、一度取り外して次のテストへ移ります。...

年末年始には仕事も休みになりますし、分解も簡単なので、改造して楽しむのも面白いと思いますよ。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link