2020/1/8ヘッダー画像をEclipseからHeliconへ変更しました。

TIAS 2019(13)D棟 テクニクス/アクシス/ユキム

アンプ

D棟をまとめて

人混みが苦手な私としては、TIASは毎回短い時間で回れるように7階から順番に階段を下りていきながら見ることが多いですが、7階、6階、5階、4階と順番に回ってきました。

オーディオ イベント 東京インターナショナルオーディオショウ TIAS 2019 D棟 Technics SB-R1 SU-R1 SE-R1 SL-G700 SL-1000R SL-1200G AXISS lumen white white light anniversary Fyne Audio F1-12 F701 F502 F501 F303 MSB TECHNOLOGY Discrete DAC FM ACOUSTICS FM266MkII FM711MkIII Grandinote SILVA Dan D’Agostino MOMENTUM HD PREAMPLIFIER MOMENTUM S250ELAC VELA FS409 オーディオアルケミー Alchemy PPA-2 DPA-2 DDP-2 :ORACLE CD2500 MKIV THALES Tonarm TTT-Compact 2 STATEMENT Benz Micro SLR Gullwing エイ・アンド・エム ヨシノトレーディング

滞在は短い時間でしたが、いったん記事にし始めると長くなるものですね。いよいよ最後のD棟となります。なんとなくD棟はガラス棟と離れているので人が集まりにくい不利な場所という印象がありますね。集客力の高いブースを1つ置いたらいいと思うんですけどね。

Technics

Technicsは、オールTechnicsのシステムで、2年前の音を聞いた印象は粗くて席につく気にもならなかった記憶がありましたが、前回よりはよかったかなと印象ですね。

オーディオ イベント 東京インターナショナルオーディオショウ TIAS 2019 D棟 Technics SB-R1 SU-R1 SE-R1 SL-G700 SL-1000R SL-1200G AXISS lumen white white light anniversary Fyne Audio F1-12 F701 F502 F501 F303 MSB TECHNOLOGY Discrete DAC FM ACOUSTICS FM266MkII FM711MkIII Grandinote SILVA Dan D’Agostino MOMENTUM HD PREAMPLIFIER MOMENTUM S250ELAC VELA FS409 オーディオアルケミー Alchemy PPA-2 DPA-2 DDP-2 :ORACLE CD2500 MKIV THALES Tonarm TTT-Compact 2 STATEMENT Benz Micro SLR Gullwing エイ・アンド・エム ヨシノトレーディング

  • スピーカー:Technics SB-R1 \1,348,000/台
  • ネットワークオーディオコントロールプレーヤー:Technics SU-R1 \838,000
  • ステレオパワーアンプ:Technics SE-R1 \1,580,000
  • ネットワーク/SACDプレーヤー:Technics SL-G700 \280,000
  • ターンテーブル:Technics SL-1000R \1,600,000
  • ターンテーブル:Technics SL-1200G \330,000

今回はSL-G700が注目製品なのかもしれませんが、一番注目度の高いのはやはりSL-1000Rでしょうね。これが発表されてからTechnicsへの注目度があがったと思います。私の勝手な主観的な感想ですが、トータルで700万円くらいするシステムだと思いますが、ターンテーブルを除いた製品は往年のTechnicsファン以外にはあまり注目されていないんじゃないでしょうかね。

個人的にはターンテーブル以外の機器はあまり印象に残っていません。何というか展示されているシステムの音色に耳が惹かれず心が動かないのですよね。いつも人は多いのでブランドイメージは高いんだと思いますが。



アンプ イベント/試聴会/オフ会 オーディオ スピーカー
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

  1. Ni より:

    エルミタージュさんこんばんは。
    いゃあテクニクスと言えばタンテでしょう。
    タンテ以外思いつかないです(断言)

    それにしてもSL-1000R、凄いモノを作りましたね。
    となりのミニ1000Rみたいなデザインの1500Cも良かったです。
    ビンボーな私は1500Cで充分でしょう(笑)

    ナスペックのブースのモニターオーディオのGOLD5Gの作りも良かったですね。GOLDはplatinamの作りと良さそのままに上手くコストダウンしてますね。
    ブースに飾らせていたトップモデルは高嶺の花ですが、一クラス下のモデルは手に届く価格のものがあり私はそこに魅力を感じました。

    • Hermitage より:

      Niさん、コメントありがとうございます。
      TechnicsにとってSL-1000Rはいいアイコンになっているとは思いますが、他が売れる理由が見当たらないのが残念です。
      Monitor Audio Platinumの最上位はちょっと手が出ませんね。というか置けませんね。

タイトルとURLをコピーしました