2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

インターネット回線の変更(1)IPoE接続とコストダウンの検討~楽天ひかり「1年無料(先着10万名)キャンペーン」

パソコン関連

IPv4 over IPv6を使いたい

2020年5月、ゴールデンウィークを利用してブロードバンドルータをNEC ATERM WG2200HPからWG2600HP3へ交換し、IPv6ブリッジ接続からND Proxyに変更することによって、IPv6通信にも通信制御が可能になりセキュリティを向上させつつ、無線LAN通信速度の向上と安定化することができました。

オーディオ 執筆環境 ネットワーク フレッツ光ネクスト 転用 楽天ひかり 1年無料キャンペーン 楽天UN-LIMIT IPv4 over IPv6 IPoE NEC Aterm WG1200HS4 WG2600HP3 transix AFTRの取得 手動設定 手動時のAFTRの設定方法 FQDN指定 AFTRのFQDN dgw.xpass.jp

IPv6を使ってインターネットを高速化したい(3)NEC Aterm WG2600HP3の開封と準備
3倍速いIPv6 High Speed 2020年5月に交換したブロードバンドルータをNEC Aterm WR9500NからNEC Aterm WG2200HPに交換したものの、一部のパソコンで無線LANの接続が不安定なものがありました。...

WG2600HP3の初期不良があったりとトラブルもありましたが、WG2600HP3への変更は、セキュリティの向上や通信速度の向上、安定が本来の目的ではなく、その先のIPoEによるIPv6接続IPv4 over IPv6による通信速度の向上を念頭に置いています。

フレッツ 光ネクストファミリー・ギガラインタイプ

契約の変更を考えている2020年7月現在の契約の内容については、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプをISP(Internet Service Provider)はasahi-netで契約しており、毎月の費用は以下のようになっています。

インターネット接続料

まずは本体となるインターネット接続料(プロバイダ料金を含む)ですね

  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ:5400円
  • にねん割:-700円
  • プロバイダ料金(asahi-net):780円
  • 合計:5480円+税(=6358円)

フレッツ東日本との契約は「にねん割」を使いプロバイダ料金として780円払っているため、合計6358円となっています。

オプション利用料

そしてオプションの追加契約によって発生している費用は以下の通りです。

  • フレッツテレビ利用料:750円
  • ひかり電話利用料:500円
  • 合計:1250円+税(=1375円)

電話はひかり電話の基本プランに加え、フレッツテレビを利用しており合計1375円となっています。インターネット利用料と合わせると、7733円を支払っていることになります。インターネット正直インターネット回線って高いですよね。

再転用による固定電話番号の喪失がネックだった

もう少しインターネット接続費用をコストダウンしたいと思うんですが、光コラボレーション事業者と契約をして「転用」をするサービスが開始した頃は、再び別の光コラボレーション事業者に転用しようとしたときに、ひかり電話を一度解約する必要がありました。

一度解約すると自宅の固定電話の電話番号が変わってしまうのがネックで、ずっとフレッツ光を使っていましたが、最近は再転用をしても番号が引き継げるようになったことを知って光コラボレーション事業者へ転用を検討することにしたのです。



パソコン関連 ホームネットワーク
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました