シアタールーム回顧録~DLPプロジェクタ MITSUBUSHI LVP-HC3100(2007/4~2010/12)

2台目のプロジェクタ

私は自宅で使ったことのあるプロジェクタは3台ですが、1台目は以前プレゼント当選したIODATA PJ-112XGAです。

ホームシアター 回顧録 MITSUBISHI LVP-HC3100 LVP-HC3000 LVP-HC1100レビュー DLP プロジェクタ

我が家のシアタールームの生みの母 これからたま~に昔使っていた機器のことを書いていこうと思います。今回は初回ということもあり、やはり書くべきはこの機器でしょう。IODATA PJ-112XGAです。 もう雑誌の名前は...

ホームシアターを作り始めた2008年頃には、すでに地上波デジタル放送やBlu-rayとHDDVDの覇権争いが行われており、フルHD化が始まっていました。当時AVアンプにDENON AVC-A11XVを導入するプランがありましたが、フルHD化に備えて導入を様子見していました。

ホームシアター 回顧録 MITSUBISHI LVP-HC3100 LVP-HC3000 LVP-HC1100レビュー DLP プロジェクタ



画素数とアスペクト比の問題

IODATA PJ-112XGAは、ユニバーサルプレーヤーDENON DVD-A1XVAでDVDを視聴するには不満はありませんでしたが、その地上波デジタル/BS・CSデジタル放送に対応するために、ホームシアターを作り始める少し前に、Panasonic DIGA DMR-BW200を購入すると、明らかに画素数が不足を感じるようになりました。

ホームシアター 回顧録 MITSUBISHI LVP-HC3100 LVP-HC3000 LVP-HC1100レビュー DLP プロジェクタ

当時まだWOWOWは1局で運営されており、単純に画素数には現れませんがビットレートの高いかなり画質の良い放送でした。

WOWOW地上波デジタル、そしてプロジェクタIODATA PJ-112XGAの画素数を比較すると以下のとおりです。

ホームシアター 回顧録 MITSUBISHI LVP-HC3100 LVP-HC3000 LVP-HC1100レビュー DLP プロジェクタ

  • WOWOW:207.3万画素(1920×1080)
  • 地上波デジタル:155.5万画素(1440×1080)
  • PJ-112XGA:78.6万画素(1024×768)

地上波デジタル放送はアスペクト比は16:9ですから横に引き伸ばされていますが、総数としては2倍、WOWOWは約3倍の画素が必要ですし、そもそもアスペクト比がデジタル放送の16:9に対して、PJ-112XGA4:3と異なるので、表示をしたときに上下が切れてしまい、実質的に使えるのは1024×576≒59万画素になってしまってデジタル放送の恩恵を受けられません。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止